羽生結弦選手の祝賀パレードに10万人を超える人!→終了後の街の様子が信じられないことになっていた・・・

羽生結弦選手の祝賀パレードに10万人を超える人!→終了後の街の様子が信じられないことになっていた・・・のイメージ

目次

  1. 1羽生結弦選手のパレードに10万人を超える観客!
  2. 2パレード終了後の街の様子は・・・
  3. 3羽生結弦選手のファンがSNSで呼びかけていた!
  4. 4ネットの反応

羽生結弦選手のパレードに10万人を超える観客!

2018年4月22日、平昌冬季オリンピック・男子フィギュアスケートシングルで2連覇となる金メダルを獲得した羽生結弦選手の祝賀パレードが地元・仙台で行われました。

4年前のソチオリンピックの金メダル獲得時にも行われましたが、その時よりも1万6000人多い、およそ10万8000人が国内外から詰めかけたとか。

主催者は前回を超える12万人の人出を予想して対応にあたったため、駅や歩道でも混雑による大きなトラブルはなく無事パレートは終了しました。

しかしパレード終了後の街の様子は、主催者の予想が大きく外れたといいます。

パレード終了後の街の様子は・・・

主催した実行委員会は、ごみ回収のため学生ボランティアや県、市の職員ら約1000人の体制を準備していました。

しかし集まったのは90リットル入りの業務用ごみ袋6個分だったとか!

羽生結弦選手のファンがSNSで呼びかけていた!

4年前のパレードの時、「羽生結弦ファンはマナーが悪い」と報道されたことで、羽生結弦選手ファンの交流SNSでゴミを道に捨てないように呼びかけていたそうです。

素晴らしいですね!!

ネットの反応

・これが本当のファンの姿だよね!
・仙台市民の方々、そして羽生結弦ファンさすがです!
・4年前のとくダネ!が捏造で火を付けた結果かw
・これが当たり前ですよね。よく話題になる東京での花見やハロウィンなどの惨状はやはり異常です。

観客からお金を取れないイベントはボランティアでやるしかないので大変です
みんなで作るイベントになっていて素晴らしいですね!

出典:Twitter, COROBUZZ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ