【衝撃】高さ126mからバスケットボールを落下させたら…驚きの結果が!※映像あり

高さ126.5メートルのダムの上からバスケットボールを二つの方法(1.そのまま 2.回転を加えて)で落下させたところ、ボールの落下軌道の違いが明らか!回転を掛けるとグイーンと飛んで行った!※映像あり

【衝撃】高さ126mからバスケットボールを落下させたら…驚きの結果が!※映像ありのイメージ

目次

  1. 1ボールが曲がる原理:マグヌス効果とは
  2. 2高さ126.5mのダムからバスケットボールを落下させたら...
  3. 3オマケ映像:126.5mの高さからゴールを決めた!!
  4. 4ネットの反応

ボールが曲がる原理:マグヌス効果とは

野球のピッチャーが投げる変化球(カーブやシュート)がどうして曲がるかご存知ですか?ボールにスピンをかけることによって、重力の影響でボールの軌道は放物線を描きます。

この時、重力のほかにボールに加わる力が空気抵抗とスピンによってよって生じた気流から生まれる揚力があります。この揚力のことをマグヌス効果と呼びます。

つまり『マグヌス効果』とは

一様流中に置かれた回転する円柱または球に、一様流に対して垂直方向の力(揚力)がはたらく現象のことである。

飛行機が飛ぶ原理も、このマグヌス効果によるものなのです。

この効果を一目瞭然、豪快に実験した動画がアップされて話題になっています。

高さ126.5mのダムからバスケットボールを落下させたら...

126.5メートルのダムの上からバスケットボールを落とすというこの実験は、オーストラリア・タスマニア州にあるゴードンダムで行われました。

高所恐怖症の方には映像を見るだけでも足がすくむ思いをするかもしれませんね。実験は二つのやり方で行われました。

1.回転をかけずにボールを落とす。⇒結果はほぼ真っ直ぐにボールが落ちていくことが分かりました。

2.ボールにバックスピンをかけて落とす⇒途中からぐいーんと前に向かって進んでいくように落下しました。落下地点は遠く離れた水面の上です。ただ回転させただけなのに!

 

※動画はコチラ

これが『マグヌス効果』によるものなのです。非常に分かり易い実験映像ですよね。

野球の変化球やサッカーの曲がるフリーキックも、この原理が働いているのは前述した通り。曲げたい方向に回転を加えることで、様々な種類の変化球が誕生したわけです。マグヌス効果を自然と応用することで、ピッチャーの投法も発展たということですね。

↑の動画には回転する円柱をつけた「ローター船」の実験も紹介されています。とても興味深いですよね。

オマケ映像:126.5mの高さからゴールを決めた!!

恐らく同じダムで行われたと思われる凄い映像がありました!バスケットボールをただ落とすのではなく、何と地上に設置したゴールにシュートを決めてしまおうという実験映像なのです。

世界記録は達成されました!!風や空気抵抗の影響もあるだろうに奇跡的ゴールの瞬間ですねlaugh

この様な実験から『マグヌスの原理』を知ることで、物理に興味を持つキッカケになるなら喜ばしいことですね。

ネットの反応

・すごっ。落下速度が大きくなると効果も大きくなるんだろう。 
・ダムでなければ出来ない良い実験♪ビルの上から真似しちゃ絶対ダメ!!!
・バックスピンって伸びるんだなー、って一発で見えて面白い。 
・ゴールに入るやつ....凄すぎるわsurprise

バスケットボールにバックスピンをかけるとどれだけ凄い効果が表れるかが良くわかる実験動画でした。それにしても126mのダムの上って怖いですねー:;(∩´?`∩);:

出典:ねとらぼ  YouTube  

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ