LGBT問題!クレーム対応を、本社からガツンと反論!「もう来店しないで!」⇒大反響!

クレーム対応について、本社から正式反論で「もう来店しないでください」と。その真相は、何なのか追跡した!

LGBT問題!クレーム対応を、本社からガツンと反論!「もう来店しないで!」⇒大反響!のイメージ

目次

  1. 1クレーム対応!「もう来店しないでください」
  2. 2LGBTへの配慮から、クレーム対応
  3. 3Twitterで、投稿され、話題に!
  4. 4お店として「もう来ないでください」との回答!
  5. 5ネットの反応

クレーム対応!「もう来店しないでください」

お客様からのクレーム対応の話になります。
この店舗をよく利用するとの顧客さまからのクレームがありました。

顧客さま

(クレーム)

「このお店に買い物に頻回に来ます」
「昨日来たときに気持ち悪いものを見ました。」
「同性愛者は、見ていて気持ちが悪いです。」

「対策とかしてくれないなら二度と来ません。」

LGBTへの配慮から、クレーム対応

この様な、要望に対して、この店舗では、
確固たる対応を、言い渡しています。

店舗側

(本社の対応)

同性愛者も異性愛者も関係ありません。

ご不満なら、もう、来店しないでください。

同性愛者が入店できないように、対策を講じて欲しいとの、
その様な、要望についての解答だったと言うことです。

Twitterで、投稿され、話題に!

この事例は、Twitterユーザーのゆーと(@Yuto_yumi_)さんが、
投稿したものです。

勤務先のお店に掲示する内容として投稿されました。
投書には、男性同士が駐車場で手をつないでいたのを、
問題にしていたのでした。

「見ていて気持ちが悪い」
「お店としては、入店できないような対策を取らないんですか?」

「対策してくれないなら二度と来ません。」とありました。

お店として「もう来ないでください」との回答!

<店側の回答 全文>から、抜粋して、掲載します。

「結論から申し上げます。もう来ないでください」と、
顧客サービスを命とするお店側からの、
最大限の怒りを表明した厳しい対応がなされています。

お店側

(LGBT対応)

「皆さま大切なお客さまです。」
「お客さまを侮辱する方を、当社はお客さまとしてお迎えすることができません」

同性愛者であっても、差別することは許されないとの認識でした。
異性愛者が、ノーマルで、
同性愛者を差別するのは、間違っているとの対応に、賛同の嵐が巻き起こっています。

ネットの反応

・よくやったよ。見習う必要があるよ。
・性的な嗜好は、多様性を認めるべき
・レズやゲイという、人々と共存しないとイケない
・これからは、性的差別が、企業でも問題になるぞ

この店舗のクレーム対応に、ネット上で大きな反響が起こっています。
LGBTは、性の多様性からなる文化を強調する意味が問われるのです。

出典:チャンネル「てみた」 , ねとらぼ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ