【炎上】キャストが理想とかけ離れている!と炎上した実写映画『鋼の錬金術師』⇒その結果は!?

あまりに理想とかけ離れていた実写映画『鋼の錬金術師』のキャストがネットで大炎上!そしてその興行成績は!?

【炎上】キャストが理想とかけ離れている!と炎上した実写映画『鋼の錬金術師』⇒その結果は!?のイメージ

目次

  1. 1実写映画『鋼の錬金術師』
  2. 2キャストが判明するとネットで炎上!
  3. 3その興行成績は!?
  4. 4ネットの反応

実写映画『鋼の錬金術師』

荒川弘著の『鋼の錬金術師』は世界累計売上部数は7000万部を超える大人気漫画で、テレビ放送されたアニメも人気作品でした。

そして人気漫画が避けて通れないのが実写映画化です。

例に漏れず、『鋼の錬金術師』も2017年12月公開で制作されることが発表され、メインキャストも公開されました。

そのキャスト一覧とその比較画像がこちら!!

エドワード・エルリック:山田涼介
ウィンリィ・ロックベル:本田翼
ロイ・マスタング:ディーン・フジオカ
マース・ヒューズ中佐:佐藤隆太
リザ・ホークアイ中尉:蓮佛美沙子
マリア・ロス少尉:夏菜
グレイシア・ヒューズ:原田夏希
ショウ・タッカー:大泉洋
ドクター・マルコー:國村隼
ハクロ将軍:小日向文世
ラスト:松雪泰子
エンヴィー:本郷奏多
グラトニー:内山信二
コーネロ教主:石丸謙二郎

ちなみに原作者の荒川弘先生は単行本15巻で、もしも実写版を作る場合の希望のキャストをこのように描いていました。

キャストが判明するとネットで炎上!

大好きな漫画が実写化されると、原作ファンから悲しみの声が聞かれるのは珍しくありません。

『鋼の錬金術師』もやはり大炎上!!

公開が近くなり、ビジュアルが公開されると、残念すぎる画像も・・・

その興行成績は!?

『鋼の錬金術師』は、全国342館で公開された土日(2017年12月2日、3日)で動員19万1200人、興収2億6400万円という興行成績でした!

参考として他の漫画の実写化映画の成績がこちら!

実写映画『銀魂』 (全国334館)
興収5億4103万円

実写映画『東京喰種』(全国307館)
興収2億3200万円

実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(全国324館)
興収1億6600万円

『ジョジョ』の爆死っぷりがすごいwww

最終的な興行収入は10.9億円で、あれだけ広告を打った割には微妙な結果で終わりました。

それでも漫画を原作に実写映画が作られるのは、著作権料が安いという理由もあるそうです。

次に原作ファンが落胆する作品は何でしょうか!?

ネットの反応

・実写に向くものと向かないものあるだろうよ もっと考えろよ!
・日本の映画界は一回滅びたほうがいいわ
・ジャニタレ使ってる時点でキャステングから入るテレビドラマと同じ
・そもそも設定から言えば日本人使っちゃダメだろうw

とりあえず知名度もあるし、ファンが観に来てくれるだろう
安直な制作姿勢を改めないと日本の映画はダメになりそう・・・

出典:BUZZNET. NAVER まとめ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ