【訃報】登山家・栗城史多さんが、エベレスト下山途中に、遺体で発見される!

訃報です!登山家の栗城史多さんがエベレストでお亡くなりになりました。下山途中に遺体が発見されました。

【訃報】登山家・栗城史多さんが、エベレスト下山途中に、遺体で発見される!のイメージ

目次

  1. 1訃報!登山家・栗城史多さんがエベレストで・・・
  2. 2死因は、低体温症と伝えられています
  3. 3公式Facebookで、死亡発表
  4. 4死亡する前日のエベレスト
  5. 5ネットの反応

訃報!登山家・栗城史多さんがエベレストで・・・

登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが、
エベレストのキャンプでお亡くなりになりました。

35歳の若さでした。栗城さんは、エベレストの山頂を目指して、
登山中だったと言う事です。​​

5月21日朝に、ネパールの「ザ・ヒマラヤンタイムス」が報じていました。

シェルパがキャンプで栗城さんが亡くなっているのを発見したと、
ベースキャンプの担当者が電話で伝えたそうです。

死因は、低体温症と伝えられています

栗城さんの死因は、低体温症と伝えられています。

栗城さんは、2012年秋季エベレストで重度の凍傷を経験されています。
手の指9本を失うという重傷でした。
 

しかし、その後復帰し、2014年8000m峰を、
単独無酸素で登頂していたのです。話題の登山家として著名人でした。

公式Facebookで、死亡発表

5月21日朝に、ネパールの「ザ・ヒマラヤンタイムス」が報じ、
その後、5月21日午後3時頃に、Facebookに事務所が発表しています。

栗城事務所の小林と申します。

このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、
エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました。

下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、
暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから
キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、
先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました。

生きて帰ることを誓っておりましたのに、
このような結果になり大変申し訳ございません。

生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、
最後に執着してしまったのかもしれません。

皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、
心よりお詫び申し上げます。

何m地点で発見されたかなど
これ以上の詳細が日本でわからず大変恐縮ですが、
またわかり次第お知らせ申し上げます。

これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました。

栗城事務所  小林幸子

死亡する前日のエベレスト

Facebookに、死亡する前日のエベレストが、
動画で投稿されていました。

この投稿が、栗城さんの最後の投稿となりました。
残念です。

ネットの反応

・凍傷で指を失う経験を持つ登山家だった
・好きなエベレストで死んだんだから本望だろう
・最後がエベレストとは登山家冥利に尽きるぞ
・悲しいが、現実は厳しいな

登山家の栗城史多さんが、35歳の若さで亡くなりました。
エベレストの下山途中だったそうです。心からご冥福をお祈りします。合掌。

出典:BUZZ MEDIA , HuffPost Japan , 栗城史多 "SHARE THE DREAM”

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ