【安らかに…】毎日新聞がスポーツ欄の見出しを使って亡くなった西城秀樹を追悼!

5月16日に63歳で亡くなった西城秀樹を5月18日の毎日新聞がスポーツ欄で粋な見出しを使って追悼!

【安らかに…】毎日新聞がスポーツ欄の見出しを使って亡くなった西城秀樹を追悼!のイメージ

目次

  1. 163歳の若さで亡くなった西城秀樹
  2. 2毎日新聞がスポーツ欄の見出しで西城秀樹を追悼!
  3. 3ネットの反応

63歳の若さで亡くなった西城秀樹

2018年5月16日、急性心不全により歌手の西城秀樹さんが亡くなりました。63歳でした。

西城秀樹さんは1972年、「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズで芸能界デビュー。

『情熱の嵐』や『傷だらけのローラ』などヒットを飛ばし、同時期に人気のあった郷ひろみ・野口五郎と「新御三家」と呼ばれていました。

そして1979年発売の『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』が大ヒット。これが代表曲となり、今もCMで使われるほどよく知られる曲です。

2003年に脳梗塞を発症し、構音障害に見舞われる一度は引退を考えるも懸命のリハビリで芸能活動を継続。

しかし2011年に脳梗塞を再発し、右半身麻痺の後遺症が出たものの芸能活動は継続していました。

西城秀樹さんは元々、血液が濃くなる「二次性多血症」という病気で、脳梗塞も今回の心不全も二次性多血症が原因と見られています。

毎日新聞がスポーツ欄の見出しで西城秀樹を追悼!

この訃報を受け、多くの関係者・ファンから追悼コメントが寄せられました。

その中で、5月18日の毎日新聞のスポーツ欄が追悼メッセージを込めていると話題に!

よくみると・・・見出しが『YOUNG MAN』の歌詞になっています!!

掲載された写真も「YMCA」になっている!?

新聞の編集長・デスクをやっている人の年齢が40代後半から50代前半ならまさに子どもの頃、『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』を歌った世代だと思います!

ご冥福をお祈りします!

ネットの反応

・泣ける・・・こういうのに弱くなったわ・・・
・京都新聞でもやってました。「傷だらけのトーラ」と
・せっかくなら広島の勝利をもう少し大きく扱ってあげればよかったのに
・すごいなぁ。西城秀樹さん、安らかにお休みください

西城秀樹さんが多くの人から愛されていたのがわかります
63歳で亡くなるのはあまりにも早すぎますね・・・

出典:Twitter, COROBUZZ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ