【末路が憐れ】飲酒検問の警察官「息を吐いてください」⇒「任意ですよね?」と拒否!衝撃の結末!

飲酒検問で警察官に「息を吐いて下さい」と言われ、拒否した結果が憐れだった・・・悲しみの結末が!

【末路が憐れ】飲酒検問の警察官「息を吐いてください」⇒「任意ですよね?」と拒否!衝撃の結末!のイメージ

目次

  1. 1飲酒検問で警察官が「息を吐いて下さい。」
  2. 2任意でしょと、検問拒否したドライバー!
  3. 3道路交通法第65条とは
  4. 4ここで刑法193条とは・・・
  5. 5ネットの反応

飲酒検問で警察官が「息を吐いて下さい。」

お酒を飲んだら、車を運転してはいけません。
また、車を運転すると分かっている人に、酒を提供するのも犯罪行為です。

ある人が、飲酒検問に遭遇して、警察官とのやり取りを、
ネットに書き込んでいました。そのやり取りを再現します。

私 
警察「こうして拒否する事が理由だ!!吹かないなら逮捕するぞ!」 
私「ふーっ」 
警察「はい、どうぞ」

警察官

(検問中)

「飲酒検問です、息を吐いて下さい。」

任意でしょと、検問拒否したドライバー!

ドライバー

(拒否ってる)

「任意でしょ?拒否します。」

警察官

(検問中)

「検問ですので任意ではありません」

ドライバー

(拒否ってる)

「道交法65条1項に違反してると考えた理由は?」

道路交通法第65条とは

因みに、道交法65条第一項とは・・・

2007年9月19日に改定された、道路交通法第65条
(酒気帯び運転等の禁止)
第六十五条  何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

検問は続いています・・・

警察官B

(検問同僚)

「おっどうした?」

警察官

(検問中)

「飲酒検問拒否するそうです・・・」

警察官B

(検問同僚)

「法律知ってるみたいだけど息吹くだけだよ?」

警察官C

(同僚その2)

「(照会お願いします)」

ドライバー

(拒否ってる)

「理由が無いなら協力する義務はありません」
「これ以上の拘束は刑法193条違反です」

ここで刑法193条とは・・・

因みに、刑法 第193条とは、公務員職権濫用を意味します。
 

(公務員職権濫用)

第193条
公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、2年以下の懲役又は禁錮を処する。

最後には、検問に従うことになりました。

警察官

(検問中)

「こうして拒否する事が理由だ!」
「吹かないなら逮捕する!」

ドライバー

(拒否ってる)

「ふーっ」(息を吐く音)

警察官

(検問中)

「はい、どうぞ」
(心の声:最初から素直に、吐けよな!まったく・・・)

ネットの反応

・最初から素直に息を吐けよ
・警官だってそのうちキレるぞ!
・知ったかぶりして、痛い目見たな!
・法律って、そんなに市民の味方では無いぞ!

飲酒検問で、検問に非協力なドライバーがいました。
そのドライバーは、道交法65条や刑法193条を持ち出しましたが、
結局は悲惨な末路を辿りました。

出典:2ちゃんねる , 酒気帯び運転 , Wikibook

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ