我が子がイジメを受けた時に家族の取るべき対処方法とは!?ある家族が実際にやった事例が話題に!

我が子がイジメを受けた時、ある家族が実際にやった対処方法とは・・・これはこうかばつぐん!

我が子がイジメを受けた時に家族の取るべき対処方法とは!?ある家族が実際にやった事例が話題に!のイメージ

目次

  1. 19月1日は学生の自殺が多い日
  2. 2我が子がイジメを受けた時の対処法
  3. 3精神的なイジメの場合は?
  4. 4ネットの反応

9月1日は学生の自殺が多い日

9月1日は18歳以下の自殺者が多い日です。

夏休みが終わり、2学期が始まる日に憂鬱から自殺者が増えると見られています。

学校に行くのが辛い理由で最も多いのは「イジメ」かもしれません。

我が子がイジメを受けた時の対処法

夏休み最終日の8月31日に、我が子がイジメられた経験を持つ親が実際に対処方法をツイートして話題に!

その効果が抜群な対処法がこちら!

イジメで怪我をさせられた息子をすぐに病院に連れていき、第三者である医師に診断書という証拠をもらって、「次に何かあったら学校は通さない」と通告。

学校側は「成長を見守ってやってください」と言って放置していたのに、それ以降は暴力が無くなったというのです。

効果は抜群だったようです!

先生や学校に訴えても、暴力という犯罪行為が起きているのに「イジメ」という言葉で事を小さくすることがよくあります。

学校の中だけで解決が無理な場合は、外部の手を借りたほうがいいといいます。

また、加害者からの謝罪を受け付けないと言った理由には、それが喧嘩扱いされる可能性があるからだとか・・・

精神的なイジメの場合は?

暴力があった場合は、病院にいって診断書をもらうことができますが、精神的なイジメの場合はどうでしょうか?

ケースバイケースですが、無理に登校させないのが大切なことです!

長い休み明けの日は同様に要注意です!

ネットの反応

・“いじめ”じゃなくて“傷害”だからな
・外部の力を頼るのは当たり前!
・学校は今も昔も隠蔽体質だからね
・こんな方法があったのか・・・
 私の場合は、学校(多勢)対、私で(ひとり)私の方が重度の鬱になってしまった

傷害が起きていても、イジメや悪ふざけなどとして穏便に済ませようとしがち
外部の手を借りて証拠を残すことが重要です!

出典:Twitter, BUZZmag

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ