【超難問クイズ!】数学オリンピック金メダリストも間違えた!正解したらIQ130以上!

この難問クイズに正解するとIQ130以上です!数学オリンピックの金メダリストも間違えた問題が、あなたには分かりますか?

【超難問クイズ!】数学オリンピック金メダリストも間違えた!正解したらIQ130以上!のイメージ

目次

  1. 1超難問クイズ!分かればIQ130!
  2. 2準々決勝の問題(日本No.1の頭脳王)
  3. 320秒という制限時間が、間違いを呼ぶ
  4. 4ネットの反応

超難問クイズ!分かればIQ130!

数学オリンピックの金メダリストでさえ、間違えたクイズです。
あなたには、このクイズの正解が分かりますか?

それでは、出題します。
図を見て下さい。「右の円の中に三角形は幾つありますか?」

制限時間は、たったの20秒です。

準々決勝の問題(日本No.1の頭脳王)

この問題は、「日本のNo.1の頭脳王」というテレビ番組の、
準々決勝で出題された問題です。

パッと、図を見ると、誰でも「8個」と考えてしまいますよね?

数学オリンピックの金メダリストでさえ、間違ってしまったのです。
金メダリストが不正解だったのが、この超難問です。

20秒という制限時間が、間違いを呼ぶ

これは、たったの20秒という制限時間が、
間違いを呼び起こす原因でもあるのでした。

この問題の正解は・・・「0」個でした。

左の円の中には、三角形が8個あります。
左ではなく、「右」というのが、曲者でした。

「右の円」というのは、図形ではありません。
句点の○のことだったのです。残念でした。またどうぞ。です。

ネットの反応

・制限時間が短すぎる!
・20秒では勘違いしてしまうよ。
・勘違いをさせるための、意地悪クイズにすぎないよな
・これはヒドすぎる!

このイジワルクイズには、数学オリンピックの金メダリストも躓きました。
引っ掛けクイズ問題。番組放送後、テレビ局に非難の電話が殺到したようです。

出典:ニコニコニュース , Youtube

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ