『なんでも鑑定団』番組史上最悪の悲劇・・・スタジオが悲鳴に包まれた衝撃の鑑定がこちら!

テレビ東京『なんでも鑑定団』で起きた番組史上最悪の悲劇とは!?鑑定額が出た瞬間、スタジオは悲鳴に包まれた・・・

『なんでも鑑定団』番組史上最悪の悲劇・・・スタジオが悲鳴に包まれた衝撃の鑑定がこちら!のイメージ

目次

  1. 1『なんでも鑑定団』番組史上最悪の悲劇
  2. 2ネットの反応

『なんでも鑑定団』番組史上最悪の悲劇

1994年放送を開始し、当初のMCである島田紳助と石坂浩二のコンビが降板した後も続いているテレビ東京の長寿番組『開運!なんでも鑑定団』。

自慢の美術品・骨董品を持ち込んで鑑定人に金額を鑑定してもらうこの番組では、とてもレアで貴重な品であるとして高額鑑定されることもありますが、多くはそうはなりません。

本人は「真作」であると信じて鑑定のため持ち込んでも、「保存状態が悪い」「贋作」であると鑑定され、予想より低い鑑定額になることも珍しくないのがこの番組の面白いところでっす。

予想外の鑑定額が出た中でも特に酷かったのが、2015年10月20日に放送された回で長野県飯田市の依頼人が持ち込んだ骨董品でした。

骨董収集歴は20年にもなるベテランで、100点に及ぶコレクション品を持っている依頼人が持ち込んだのは「唐三彩の小壺」など4点。

依頼人は骨董仲間から「1000万円の品でも100万円で販売する」と言われ、「千載一遇のチャンス」と感じた。そこで退職金400万円をはたいて「唐三彩の小壺」など4品を購入したとか。

その説明VTRを見ていたMCの今田耕司は「うわぁ…危ないなぁ」と漏らし、既にスタジオにはヤバい空気が漂っていました・・・

依頼人の本人評価額は購入した金額と同じ400万円!

そして鑑定人・中島誠之助らが出した評価額は・・・

なんと4000円でした!

この鑑定額が出るとスタジオは悲鳴に包まれ、依頼人はうなだれるばかり。

中島氏は「ヒドイ偽物ですね!」と声を上げ、「唐三彩の小壺」の色合いに深みが足りないなど、次々に鑑定ポイントを列挙していく。さらに中島氏が「お金出し過ぎましたね。もっと勉強なすってください!」と告げると、依頼人は「真面目に働きます」と力なく返事をした。

観客席で見ていた依頼人の妻にコメントを求めると、「東京見物して帰ります」と涙声でコメントして、それがまたスタジオの空気を凍りつかせてしまいました。

退職金を注ぎ込んでこの結果は悲しすぎます・・・

ネットの反応

・スタジオの空気が本当に寒かったぞ
・退職金が入った絶好のタイミングを見計らって売りつけに来たんじゃねーの?
・マイホーム購入資金で買った茶碗が千円だった回思い出した
・この番組で「自信あります!」はほぼフラグだよなw

相手から安く売ってあげると言ってくる時点で怪しいですよね!
カモだと思われていたのかもしれません・・・

出典:ライブドアニュース, Vipperトレンディー

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ