「ママゆるして」虐待死した船戸結愛ちゃん(5)が残したメモが悲しすぎて涙が止まらない・・・

どうしてこんなことになったのか!?両親から虐待を受け亡くなった船戸結愛ちゃん(5)が残したメモが悲しすぎる・・・

「ママゆるして」虐待死した船戸結愛ちゃん(5)が残したメモが悲しすぎて涙が止まらない・・・のイメージ

目次

  1. 1虐待死した船戸結愛ちゃん(5)
  2. 2結愛ちゃんが残したメモとは・・・
  3. 3ネットの反応

虐待死した船戸結愛ちゃん(5)

2018年3月、東京都目黒区で5歳の船戸結愛ちゃんが死亡した事件で、父親の船戸雄大容疑者と母親の船戸優里容疑者を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。

船戸雄大容疑者は既に傷害罪で逮捕・起訴されていますが、当初は結愛ちゃんの死因は不詳で船戸雄大容疑者の暴行との因果関係は判明していないとされていました。

一家は2018年1月に東京・目黒区に引っ越す前は、香川県善通寺市に住んでいたといいます。

香川に住んでいた時も、結愛ちゃんが児童相談所が一時保護されるなど児童相談所は把握し、引っ越しした際には香川の児童相談所から東京の児童相談所に申し送りされていました。

しかし、2018年2月に東京の児童相談所が家庭訪問しても結愛ちゃんに会わせてもらえず、3月に悲しい結果となってしまいました。

船戸雄大容疑者が日常的に虐待を加え、食事もろくに与えておらず、結愛ちゃんの死亡時の体重は、5歳女児の平均より約7kg少ない12kgしかなかったとか・・・

結愛ちゃんが残したメモとは・・・

警視庁捜査1課は、結愛ちゃんが毎朝ひらがなの書き取り練習をしていたノートの一部を公開しました。

船戸雄大容疑者からひらがなの練習を言いつけられていたという結愛ちゃんは、両親に許しを請うような内容のメモを残していました。

そのメモがこちらです・・・

とても5歳児が書く内容とは思えません!

フジテレビ『プライムニュース』では、このメモを読んだ島田彩夏が我慢しきれず号泣・・・

香川の児童相談所から引き継ぎを受けた品川児童相談所は「リスクがある家庭」と判断して、対策会議を行う予定だったと言いますが、遅れてしまったのが悔やまれてなりません。

悲しすぎます・・・

ネットの反応

・5歳児にこんなこと書かせてしまうほどの虐待って…
・パパとママに好かれるように一生懸命だったんだろうね
・恨みや殺意を両親に向けずに自分が悪いと思ってなおそうとしているのがつらい
・こんな幼い子にこんな想い書かせるまで追い込むなんて・・・

引っ越ししたことで対応が遅れてしまったのが残念です
このようなことが2度と起きないことを祈ります

出典:BUZZ MEDIA, Twitter

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ