「アイキャンフラーイ!」窪塚洋介のマンション9階からの転落事故が不可解すぎる・・・

自宅マンションの9階から転落しながら奇跡を生還を果たした窪塚洋介。事故があまりにも不可解すぎる・・・

「アイキャンフラーイ!」窪塚洋介のマンション9階からの転落事故が不可解すぎる・・・のイメージ

目次

  1. 1レゲエDeeJay・カメラマンとして活動している窪塚洋介
  2. 2窪塚洋介の転落事故が不可解すぎる・・・
  3. 3ネットの反応

レゲエDeeJay・カメラマンとして活動している窪塚洋介

1995年のドラマ『金田一少年の事件簿』で俳優デビューし、『GTO』や『池袋ウエストゲートパーク』など人気作品に出演してブレイクした窪塚洋介。

現在はレゲエシンガー・レゲエDeeJayとして卍LINE名義で活動する他、ミュージック・ビデオ監督として空水名義で活動しています。

窪塚洋介と言えば、2004年6月に起きた転落事故で重体となり、世間を騒がせたことがあまりにも有名です。

窪塚洋介の転落事故が不可解すぎる・・・

窪塚洋介は2003年5月に一般人女性と結婚。10月には長男が誕生し、育児休業をしていた時にこの事故は起きました。

マンション9階の自室から、転落したのです。約26メートルの高さからの転落で一時重体になるも、一命をとりとめました。

助かった要因は、フェンスにぶつかったことと、地面が芝生だったこと。

しかしそのフェンスは建物から約9m離れた場所にあり、ただの転落事故と思えず、自殺説や薬物説がささやかれました。

さらに、出演した映画『ピンポン』のワンシーンから、こんな伝説も・・・

「実際、映画『ピンポン』では、橋の欄干の上に立って『アイキャンフラ~イ!』と絶叫しながら川に飛び込もうという名シーンがありますが、あれをリアルにやっちゃったんだという“窪塚伝説”が広まったんです」

本人は「生きててよかった」と語っていて、自殺説は否定しています。

ただ、本人は当時に記憶がまったくないそうです・・・

不可解すぎますね!

ネットの反応

・心を病んでいたのかな?
・窪塚の魅力ってそのぶっ飛んでるところだと思うからな
・表向きの発表は鯉のぼりをしまおうとしてたじゃなかったか?
・助走つけて飛ばないと9メートルの位置までいかないだろう

テレビドラマはこの事故以前から不信感から出演しなくなっていますが
映画にはこの事故以降も出演し、俳優業も継続しています

出典:mashlife通信, NAVER まとめ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ