大阪北部地震であらためてわかった阪急電鉄のスゴさ!配慮された乗客の避難方法に称賛の嵐!!

関西の私鉄の中で最も高級感があると言われる阪急は、地震で止まった電車からの避難方法も別格だった!!

大阪北部地震であらためてわかった阪急電鉄のスゴさ!配慮された乗客の避難方法に称賛の嵐!!のイメージ

目次

  1. 1大阪北部地震で交通インフラが大混乱
  2. 2阪急電車の避難スロープがスゴイ!
  3. 3ネットの反応

大阪北部地震で交通インフラが大混乱

2018年6月18日午前7時58分に発生した大阪北部地震では、京阪神の私鉄・JR各社はすぐに運転を見合わせ、通勤・通学ラッシュの乗客が大混乱しました。

走行中の電車は緊急停車し、駅と駅の間で立ち往生。中には長時間閉じ込められた人もいたそうです。

そして駅までの移動ができないと判断され、多くの人が近くの駅まで線路の上を歩いて避難していました。

通常、線路に降りるために緊急用の避難梯子を使って乗客を誘導します。

しかし、阪急電鉄だけちょっと違うと話題に!!

阪急電車の避難スロープがスゴイ!

阪急電鉄は、避難時にロングシート4本を外してスロープにする仕組みが導入していたのです!!

まるで飛行機の緊急避難用のスロープですね!

足の不自由な人や、小さな子どもを連れた人でもこれなら安心して降りられます。

もちろん、乗務員は日頃から避難時の訓練をしているそうです!!

流石阪急と言わざるを得ない!

ネットの反応

・過去の教訓、経験が活きた良いニュースだ
・阪神大震災を経験してるからだろうなー
・阪急の座り心地、触り心地の良いシートがこんな風に役立つとは!
・やっぱ 高級な阪急は違いますわ

私鉄王国の関西において、もっとも高級感があると言われる阪急電鉄
こんなところまで行き届いているのですね!!

出典:Twitter, COROBUZZ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ