【※戦慄】人間が死ぬ瞬間のMRI映像!衝撃の瞬間を大公開、ヤバすぎる動画あり!

人間が死ぬ瞬間のMRI画像を入手!衝撃の瞬間を大公開!この映像は、ヤバすぎます!

【※戦慄】人間が死ぬ瞬間のMRI映像!衝撃の瞬間を大公開、ヤバすぎる動画あり!のイメージ

目次

  1. 1人間の死ぬ瞬間
  2. 2100年以上前に、“魂の重さ”を計ろうとした
  3. 3米紙「The New York Times」に掲載された
  4. 4クラーク博士の反論
  5. 5ネットの反応

人間の死ぬ瞬間

人間の死ぬ瞬間の脳を、MRI画像で捉えています。
死ぬ瞬間の大脳の動き方です。2~3秒の動画ですが、よく分かります。

口で、苦しそうな呼吸をしている様子から、
呼吸停止しているということなのでしょうか?

死の瞬間を撮影した実験

最後に、真っ黒になって、活動が停止していると言う事でしょうか?
専門の医師に尋ねないと、詳細は分かりません。

その辺は、各自のご判断、ご調査をお願いします。

100年以上前に、“魂の重さ”を計ろうとした

今から、100年以上前の事。“魂の重さ”を計ろうとしたのは、
ダンカン・マクドゥーガル博士という方です。

ダンカン・マクドゥーガル博士は、米・マサチューセッツ州の医師でした。
入院患者で、瀕死の結核患者の体重測定を行っています。

ダンカン・マクドゥーガル博士

精密な秤で計量して、死の直後から、
体重がどういう具合に変化していくのかを測定しています。

マクドゥーガル博士は、6人の末期患者について体重測定しました。
死後に肉体を離れていく“魂の重さ”について、興味があったのでしょう。

マクドゥーガル博士は、死後に失われる体液やガスを考慮に入れ、
人間の“魂の重さ”を“21グラム”(4分の3オンス)としました。

同じように15匹の犬の計測実験を行ないましたが、
犬の場合は、死後に“21グラム”が失われていないとしています。
犬は、人間とは違うとの実験結果を添えているのです。

米紙「The New York Times」に掲載された

マクドゥーガル博士は、1907年に学術誌で研究発表しています。
それを掲載したのが、米紙「The New York Times」だったのです。

The New York Times

この研究発表を疑問視する医師も少なくなかったようです。
外科医のアウグストス・クラーク博士が反論をしています。

クラーク博士の反論

クラーク博士は、死の直後から呼吸が止まり、
血液の冷却が止まる。一時的に体温が上がって発汗が促進されるとのご意見です。

クラーク博士によれば、一時的な発汗の水分が“21グラム”だとの反論です。

これに対して、マクドゥーガル博士は、死の直後には体温は上がらないと反論。
公開紙上討論は、1907年の間中、続いたそうです。

ダンカン・マクドゥーガル博士は、この9年後に、
54歳という若さで亡くなっています。

マクドゥーガル博士の情熱と、
“21グラム”の魂は、その後の脳科学や、小説・マンガなど、
様々な分野に影響を与えました。

マクドゥーガル博士は、どう思いながら、お亡くなりになったのでしょう。

ネットの反応

・死ぬ瞬間は分からんやろ!
・本当にこれが撮影された映像かな?
・死の瞬間を解明しようとした努力を理解しろ!
・疑問を持ち解明しようとするのが、研究者の資質だ

2003年には、『21グラム(21 Grams)』という映画が制作され、
ダンカン・マクドゥーガル博士が追求した、
人間の死の瞬間の科学的解明は、受け継がれているようです。

出典:5ちゃんねる , TOCANA

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ