暴行事件をテレビで謝罪した楽しんご、舌の根も乾かぬうちにSNSで一般人を「屑」呼ばわりして大炎上!

付き人への暴行事件でテレビから干された楽しんご。テレビで謝罪をするも、SNSでは一般人を屑呼ばわりする本性を見せて大炎上!!

暴行事件をテレビで謝罪した楽しんご、舌の根も乾かぬうちにSNSで一般人を「屑」呼ばわりして大炎上!のイメージ

目次

  1. 1暴行事件でテレビから干された楽しんご
  2. 2番組で母親と謝罪するも、すぐ炎上!!
  3. 3ネットの反応

暴行事件でテレビから干された楽しんご

オネエ芸人のはしりの一人で、2009年に『あらびき団』出演から人気を掴んだお笑い芸人・楽しんご。

2012年の新語・流行語大賞には持ちネタの「ラブ注入」がトップテン入りするなど、ブレイクしました。

芸能界から消えたきっかけは、2013年7月に元マネージャー兼付き人の男性の顔・腹を複数回殴り、軽傷を負わせた暴行事件でした。

発覚した際には謝罪会見を行い、2014年1月に警視庁に傷害容疑で書類送検されています。

この事件でテレビから干され、仕事を失ってしまいました。

番組で母親と謝罪するも、すぐ炎上!!

その後しばらくテレビに出る機会がなかった楽しんごが、久々に出演を果たしたのは2015年9月25日放送のフジテレビ『芸能界PTAワケあり芸能人の親大集合SP』でした。

母親の勝子さんと出演した楽しんごは、再現VTRの中で騒動を振り返って謝罪。

「あの時の自分は本当に未熟だったと今でもすごい反省しています。親や家族には顔向けできないぐらいの気持ちでした」

母・勝子さんによると、精神的に追い詰められてトイレにも1人で行けないほどだったそうです。

ちなみに事件は2014年11月に示談が成立し、不起訴処分で終わっているとか。

しかしこの番組を観ていた視聴者からは楽しんごに同情的な声は少なく、むしろ炎上!

その理由の一つが、番組放送の直前、SNSで一般人を屑呼ばわりするなど反省しているとは思えない対応をしていたためです。

芸能界で仕事を増やすため形式的に反省のポーズをしているだけ、と受け止められてもしょうがないですね・・・

本性が出ちゃってますね!

ネットの反応

・本能的に近づいてはいけない人だと感じる
・仕事もなくなってイライラ半端ないんだろうな
・今時中学生でもやらない様な煽り方で草生える
・相手にしなきゃいいのにアホかな

本音を隠してればいいのに、我慢できないんでしょうか
芸能界には向かないタイプですね

出典:Yomerumo, ラビット速報

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ