【大阪北部地震】震度6弱を観測した地震について気象庁が重大発表!その真相とは・・・

マグニチュード6.1、震度6弱を観測した大阪北部地震発生直後、気象庁が記者会見で語った内容とは・・・

【大阪北部地震】震度6弱を観測した地震について気象庁が重大発表!その真相とは・・・のイメージ

目次

  1. 1震度6弱を観測した大阪北部地震
  2. 2気象庁が会見で重大発表!
  3. 3ネットの反応

震度6弱を観測した大阪北部地震

2018年6月18日午前7時58分、大阪北部を襲った地震は震度6弱を観測しました。

震源は大阪府北部で震源の深さは13キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.1、震度6弱を観測したのは、大阪市北区、大阪府の高槻市、枚方市、茨木市、箕面市でした。

ちょうど通勤・通学のラッシュ時を直撃し、大打撃を受けた交通インフラは大きな混乱が続きました。

気象庁が会見で重大発表!

この地震を受け、気象庁は6月18日午前に記者会見を行いました。

大阪北部地震の震源について

「有馬―高槻断層帯のごく近くで発生した」

と発表。この「有馬-高槻断層帯」では1596年にマグニチュード7.5と推定される「慶長伏見大地震」が発生しています。

そして、「有馬-高槻断層帯」を含む周辺の断層について注意を促しました。

「同断層帯が活発化するか分からないが、周辺で平常時より地震活動が活発になっている」

大阪近辺には、「有馬-高槻断層帯」の他、大阪市の都心部を南北に走る「上町断層帯」、東部には「生駒断層帯」があり、さらには阪神大震災を引き起こした「六甲・淡路島断層帯」もあり、注意が必要です。

30年以内の発生確率が70~80%とされる南海トラフ巨大地震との関連については

「陸のプレート内部で起きた地震で規模自体があまり大きくなく、直接影響を与えているとは考えにくい」

と、否定的なコメントをしています。

余震に気をつけてください!

ネットの反応

・熊本地震みたいに後からデカイ地震がくるかもしれないってことか
・有馬温泉のお湯は変わりないのか?
・慶長伏見地震って豊臣秀吉の建ててた伏見城を壊したやつか
・本当に地震国なんだな。なんだよこの活断層の多さ。

日本はどこで地震が起きるかわからない国です
常に準備をしておきましょう!

出典:てれすこニュース, 日本経済新聞

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ