【衝撃】E-girls系ボーカルユニット『Flower』iの金髪美女が芸能界引退!「一人の女性として生きていきます」の意味とは

Flowerのメンバーとして活躍し、金髪美女として知られていた市來 杏香(いちき きょうか)の芸能界引退理由が衝撃的でした。一人の女性として生きて行きたいと語った裏に隠された本音とは...

【衝撃】E-girls系ボーカルユニット『Flower』iの金髪美女が芸能界引退!「一人の女性として生きていきます」の意味とはのイメージ

目次

  1. 1Flowerの市來杏香が電撃的に芸能界引退!
  2. 2衝撃的な引退理由とは
  3. 3自信喪失説もあり...
  4. 4ネットの反応

Flowerの市來杏香が電撃的に芸能界引退!

多くのE-girls/Flowerファンが市來杏香の引退の報にショックを受けました。その引退理由を発表した内容にも驚かされました。

マジかこれ・・・

この人あっての

E-girlsじゃんwww

こんな理由で辞めるのか・・・

相当悩んでたんだろうな。。

↑これ、多くのファンが同じ気持ちで感じたことでしょうね。

衝撃的な引退理由とは

市來 杏香(いちき きょうか、1997年1月4日 - )は、日本の元歌手、元ダンサー。Flower、E-girlsの元メンバー。福岡県出身。
出典:ウイキペディア 

市來は福岡県出身で、2011年に芸能事務所LDHが実施した「VOCAL BATTLE AUDITION3~For Girls~」のボーカル、ダンスパフォーマンス両部門で合格。Flower、E-girlsに加入した。

2015年10月7日に市來杏香は芸能界引退を発表しました。公式サイトに掲載された引退理由は以下の通りです。

「私なりにたくさん悩み考えましたが、E-girls、Flowerがこれからもさらに挑戦を続けていく中で、もう一度、素直に今の自分の気持ちを見つめ直した時に、このまま続けるのではなく、今はエンタテインメントの舞台から降りて、『市來杏香』という一人の女の子としての人生を歩みたいという気持ちが自分の中にありました」と、芸能活動から身を引く決断に至った思いを説明した。


さらにはファンに対して「これまで応援してくださった皆さんには、自分勝手でわがままな報告になってしまい本当に申し訳なく思っています」と謝罪した。


最後に「市來杏香は、これからまた新しい道を歩むことになりますが、この決断を決して後悔することなく、一人の女性として自分を磨き、自分の人生を精一杯頑張っていきたいと思います」と改めて決意をつづった。

"一人の女性として"というコメントから、熱愛話も持ち上がりましたが、定かではありません。

メンバーからは何度も引き留められたそうですが、メンバー内で話し合いを重ね、ようやく自分の気持ちを受け入れてもらえた、と市來杏香は語りました。

自信喪失説もあり...

市來杏香は3歳の頃からダンスを習い、パフォーマンスの高さも定評がありました。これからもダンスと歌に力を入れていくだろうと誰もが思っていたのです。

それなのに18歳という若さで突然の引退宣言...いったい何があったのか?勘繰りたくもなりますね。本人が相当悩んでいたという点に、自身のパフォーマンスに自信が持てなくなったのでは?という憶測も出てきました。

市來杏香はFlowerというユニットのメンバーとして選ばれデビューしました。そしてFlower、Dream、Happinessという3グループを含む新ユニットとして結成されたのがE-girlsです。

当然E-girlsには優秀な子たちが集められています。そんなE-girlsの中で、藤井萩花、藤井夏恋姉妹や鷲尾伶菜らと比較すると、市來杏香は目立つことは出来ませんでした。

そこで自分の限界を感じ、引退を決意したのではないか?と推測も出来ます。もし市來杏香が芸能界で生き残りを本気で考えたならば、脱退後ソロ活動を目指して元メンバーとは一旦距離を置こうとするはずです。

しかし市來杏香は引退後もE-girlsメンバーとプライベートであったり、コンサートを見に行ったりして楽しんでいるのです。

やはり芸能界の水が合わなかったというのが本音の所なのでしょうか?

ネットの反応

・早すぎるよ!
・精神的に幼いのか、逆に大人として普通の生活をしたくなったのか
・しばらくしてカムバックなんてことはないかな?
・E-girlsも8人も脱退したり、一時の人気に陰りがあるのも事実

市來杏香はまだこの当時18歳、現在は21歳ですからまだまだ人生やり直せる年ですからね。自分に合った事が見つかっていれば良いですね。

出典:気になるニュース KIRARI 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ