【※驚愕】マーガリンは危険!植物油ではなかった⇒トランス脂肪酸とは?

マーガリンは危険なトランス脂肪酸を含んでいる?アメリカ食品医薬品局(FDA)の発表に驚愕!

【※驚愕】マーガリンは危険!植物油ではなかった⇒トランス脂肪酸とは?のイメージ

目次

  1. 1マーガリンは危険な食品?
  2. 2トランス脂肪酸の摂取過剰に注意!
  3. 3トランス脂肪酸の含有量
  4. 4ネットの反応

マーガリンは危険な食品?

過日、「トランス脂肪酸」について、
アメリカ食品医薬品局(FDA)が発表しました。

「トランス脂肪酸」は、マーガリンなどの加工油脂に含まれ、
摂取過剰により心臓病などのリスクを高めるとされています。

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、
食品への添加を3年以内に全廃すると発表しています。


FDAは、科学的妥当性を調べましたが、
「一般的に安全とは認められない」と結論付けています。

トランス脂肪酸の摂取過剰に注意!

植物油を常温で固まるよう処理した「部分水素添加油(PHO)」の使用が、
トランス脂肪酸の直接の発生源となるため、禁止されます。

トランス脂肪酸は、食品に含まれる油の成分です。
お菓子などに使われるマーガリンなどをつくるときに、生成される成分です。

このトランス脂肪酸が、悪玉コレステロールを増加させます。
過剰摂取すると、狭心症や心筋梗塞などのリスクを高めると言われています。

トランス脂肪酸の含有量

マーガリンと、ショートニングが、含有量がダントツに多いです。

現在は、各企業ともに、研究し努力を重ねて、
マーガリンやショートニングも、トランス脂肪酸を減らすこと成功しています。

ショートニングとは、植物油などを原料に作られます。
食べた時に、サクサク感を出せるので、クッキーなどに使われています。

注:2013年のデータ

現在では、トランス脂肪酸の含有量が少ない、マーガリンも開発されています。

ネットの反応

・トランス脂肪酸の取り過ぎに注意しろ!
・心臓疾患になり易いと言われている
・マーガリンが悪いわけじゃない。トランス脂肪酸が悪い!
・各企業が研究して、低トランス脂肪酸化を考えている

アメリカ食品医薬品局(FDA)が、2015年に発表しました。
トランス脂肪酸を全廃するとの決定は、朗報であると言えるでしょう。

出典:HuffPost Japan , 経世済民97

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ