【あり得ない】安室奈美恵が君が代を歌わない理由!ヒドすぎると話題沸騰!その真実は?

安室奈美恵には、君が代(国歌)を歌わない理由がありました!その衝撃理由に、驚愕する!真相は?

【あり得ない】安室奈美恵が君が代を歌わない理由!ヒドすぎると話題沸騰!その真実は?のイメージ

目次

  1. 1安室奈美恵は、沖縄出身の歌手!
  2. 2安室さんは、なぜ、君が代を歌わなかった?
  3. 3歌わないというより、国歌を聴いたことが無かった?
  4. 4つまり、安室さんの個人事情では無い
  5. 5ネットの反応

安室奈美恵は、沖縄出身の歌手!

この安室奈美恵さんが、国歌・君が代を歌わなかった云々の記事は、
2015年当時に報道された問題でした。

ここからは、反日とも言える韓国のメディア、韓国側からの視線です。
1990年代に、安室奈美恵が、
日王主催披露宴で君が代斉唱を拒否して韓国人らに良い印象を残したことがあると報道。

日王というのは、天皇陛下のことです。
その安室さんは、2015年に韓国を訪れています。
2004年以来約11年ぶり、二回目の訪問になったと報道されました。

ソウル中区(チュング)乙支路(ウルチロ)東大門(トンデムン)プラザで、
2015シャネル・クルーズコレクション開かれ、出席するために、韓国を訪れたのです。

安室さんは、なぜ、君が代を歌わなかった?

その天皇陛下主催の式典とは、
天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典と、思われます。

1999年(平成11年)11月12日に、皇居前広場で開催された式典で、
安室さんが、国歌・君が代を斉唱していなかった報道された事によるものです。

この時、安室奈美恵さんは、君が代を歌わなかったと、
韓国側は、韓国の事情によって、好意的に解釈しているようです。

歌わないというより、国歌を聴いたことが無かった?

ここで、大きな問題が考えられています。
安室さんの世代では、沖縄県の教育現場で国歌を教えなかったのではないか?
もしくは、国歌を流すことすら、行わなかったのではないかと考えられる点があります。

沖縄県は、地政学上、どうしても、外国からの侵略を受ける場所なのです。
日本国としては、第二次大戦において、沖縄県を守るため、
出来る限りのことをやりました。

それは、沖縄県の外からの視点であって、
沖縄県の人たちは、日本から見捨てられたと、真に考えているのが実情です。

つまり、安室さんの個人事情では無い

沖縄県の教育界の事情により、
安室奈美恵さんの世代は、国歌を教えられていない。
もしくは、国歌・君が代を否定することを、是として教育を受けていると推測されます。

おそらくは、この推測が、現実に近いものでは無いでしょうか?
安室さんを個人攻撃することは、全くの誤りであると、結論します。

安室さんは、戦後の沖縄県民の被害者意識の強さによるものでは無いでしょうか。
沖縄を見捨てたことは、日本国として、あり得ません。

ではありますが、沖縄県は民間人が、数多く犠牲になっています。
その事実は、重く受け止めなければなりません。
まだまだ、日本の戦後処理は、続くようだと感じています。

ネットの反応

・安室奈美恵は、国歌としての君が代を知らなかっただけだ。
・聞いたことがないから、歌えなかったんだよ。
・その国歌を敵対視する、沖縄の教育界に問題がある
・犠牲者の追悼は必要だ。それと共に、今後の沖縄を考えていくべき。

第二次世界大戦は、太平洋戦争とも大東亜戦争とも言われています。
沖縄は、民間人が犠牲になったために、国歌・君が代を敵対視しています。
そういう不幸な歴史を乗り越えて、日本国民として理解し合うことが必要です。

出典:Yahoo!知恵袋 , News U.S. 中国・韓国・在日崩壊ニュース

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ