千葉県東方沖地震でディズニーリゾートも揺れた!その時、キャストが取った行動が『神対応!』と話題に

さすがTDR!あの3.11の対応が『伝説化』されたディズニーリゾートで、千葉県東方沖で発生した地震の時も、キャストの素晴らしい対応が来園者を怖がらせることなく安心させたとネットで絶賛されています。

千葉県東方沖地震でディズニーリゾートも揺れた!その時、キャストが取った行動が『神対応!』と話題にのイメージ

目次

  1. 1キャストの神対応にツイッターで絶賛の声続々
  2. 2ディズニーリゾート(千葉県)の園内状況をツイッターが解説!
  3. 3動画で見るキャストの神対応とサイレンの音がヤバい!
  4. 4ディズニーリゾートの震災対応とは
  5. 5ネットの反応

キャストの神対応にツイッターで絶賛の声続々

7月7日(土) 20時23分頃、千葉県で震度5弱の地震が発生しました。震源地は千葉県東方沖、マグニチュード6.0、震源の深さは約50kmと観測された大きな地震です。

千葉県浦安市では震度3でした。当然、ディズニーリゾートでも揺れが確認され、アトラクションも緊急停止しました。

そんな時、来園者を不安がらせたり、戸惑わせたりしないようキャストが素晴らしい緊急時対応で来園者を誘導し、体験した人々から絶賛の声が上がったのです。
 

ディズニーリゾート(千葉県)の園内状況をツイッターが解説!

ツイッターでスタッフを称賛する声が、写真も添えて多く上がりましたが、その中からいくつかご紹介します。

キャストの迅速なアナウンスで、園内のあちこちで来園者たちは座り込んでいました。

動画で見るキャストの神対応とサイレンの音がヤバい!

画像を撮ってツイッターに上げた人も多いですが、動画を投稿された方も多くいらっしゃいます。一つ一つの動画は短いですが、より臨場感が伝わってきます。

ディズニーリゾートの震災対応とは

ディズニーテーマパークにはSCSEという行動基準があるそうです。

それは、「Safety(安全)」、「Courtesy(礼儀正しさ)」、「Show(ショー)」、「Efficiency(効率)」の頭文字をとったもので、全キャストにとって、ゲストに最高のおもてなしを提供するための判断や行動のよりどころとなる考え方で、「SCSE」の並び順がそのまま行動の優先順位となっています。

TDRではテーマパーク内の全キャストにSCSEの教育が行き渡っているようです。今回の地震の中でもそれは十分生かされていました。以下に紹介するエピソードは3.11の東日本大震災の時のキャストの対応です。

アルバイト歴5年のキャストのAさんは、店舗で販売用に置いていたぬいぐるみの「ダッフィー」を持ち出して、お客様に「これで頭を守ってください」と言って渡したそうです。

Bさんは、「必ずみなさんにお配りしますから、その場でお立ちにならないでお待ちください」と声を掛けながら、店舗で販売していたクッキーやチョコレートを無料で配り始めたのです。

Cさんは、当日の夕方以降、雨交じりで気温が10度と冷え込んできたため、お土産用のビニール袋や青いゴミ袋、そして段ボールまで引っ張り出してきて「これをかぶって寒さをしのいでください」と言いながら配ったのです。

Dさんは、じっと座り込んだままの状態が続いているゲストに「ずっと同じ姿勢のままだと体に良くないので、少し運動しましょうか」と話しかけた。

 Eさんは、ゲストの気を紛らせようと、お土産袋を掲げて「みなさん、この絵の中に“隠れミッキー”(ミッキーマウスの形)があるのをご存じでしたか。よろしければ一緒に探してみてください」と投げかけた。

 Fさんは、大きなシャンデリアの近くで余震の恐怖におびえている子供たちに向かって、「みなさん大丈夫です。僕はシャンデリアの妖精ですから、何があってもみなさんを守ります。大丈夫です」と笑顔を見せた。

以上の行動はゲストの安全第一に考えられた行動であり、皆キャストの自主的行動であったところが素晴らしいのです。会社もキャストを信じて任せているところもスゴイですね。

こういう話を知れば、ディズニーリゾートには安心して遊びに行けますね。

ネットの反応

・夢の国で死ねるなら本望なんだろう
・ディズニーはアトラクション意外の楽しみも沢山あるの素敵ですよね(*´∇`*)
・キャストの落ち着いたリードがあれば安心できる
・3.11の時もその応対の素晴らしさがテレビで紹介されてたな

 

さすが夢の国だけに、決してゲストの夢を壊さない事を徹底しているディズニーリゾートは素晴らしいですね。

出典:eitokun buzz media Twitter 

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ