西日本豪雨で浸水した家で救助を待つ人たちを救ったのは水上バイク!ボランティアの救助に賞賛の嵐!!

西日本豪雨で浸水被害に遭い、救助を待つ人たちを救って回ったボランティアの水上バイクにネットで賞賛の嵐!!

西日本豪雨で浸水した家で救助を待つ人たちを救ったのは水上バイク!ボランティアの救助に賞賛の嵐!!のイメージ

目次

  1. 1西日本豪雨で大きな被害を受けた倉敷市真備町
  2. 2そこに救助の手を差し伸べたのは・・・
  3. 3ネットの反応

西日本豪雨で大きな被害を受けた倉敷市真備町

「平成30年7月豪雨」と命名された西日本を中心にした豪雨被害は各地で甚大な被害を及ぼしました。

その中でも被害が大きかった地域の一つが、岡山県倉敷市真備町です。

高梁川と小田川が合流する手前で堤防が決壊し、町は大規模な浸水被害を受けました。

避難指示もでましたが、逃げ遅れた人は身長を超えるような浸水に為す術なく、Twitterでは救助要請のツイートも多数見受けられました。

そこに救助の手を差し伸べたのは・・・

中々来てくれない救助を待っていると、やってきてくれたのは一般の方の水上バイク!!

この方は自前の水上バイクを活用して、ボランティアで救助をしていたそうです!!

泥水の中で水上バイクを使って調子が悪くなりながらも、何人もの人を高台にあるお寺まで避難させていた男性にネットでは賞賛の嵐!

修理代をなんとかしてあげたい!!

ネットの反応

・壊れること前提で動かしてるよねコレ 救助された住民にとっては本物のヒーローだ
・泥水と破片で故障リスクは半端ないだろうに、よくやる
・正直水上バイクにはウェイ系水上暴走族のイメージがあったわ
・救助に水上バイクはよろしくないのかしれないけど人の生死がかかってるからね

多重遭難や法律上の問題があるとの指摘がありました
消防や自衛隊に救助用の装備として用意しておくのがいいかもしれません

出典:Twitter, まとめいく

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ