【驚愕の事実】「さんま御殿」では、なぜ最後にご飯を食べるの?その理由がスゴすぎた!衝撃!

「踊る!さんま御殿!!」の番組の最後で、なぜ、ご飯を食べているのか?その理由に衝撃を受けました。

【驚愕の事実】「さんま御殿」では、なぜ最後にご飯を食べるの?その理由がスゴすぎた!衝撃!のイメージ

目次

  1. 1「踊る!さんま御殿!!」は、驚きの展開!
  2. 2出演者はハンパなく緊張している!
  3. 3番組の最後で食事会が行われるのは、なぜ?
  4. 4ネットの反応

「踊る!さんま御殿!!」は、驚きの展開!

「踊る!さんま御殿!!」は、1997年に開始されたテレビ番組です。
明石家さんまさんが司会をしています。

ゲストの体験談を、さんまさんが、おもしろ可笑しく、
料理していくさまが、人気のバラエティー・トーク番組です。

元々は、「恋のから騒ぎ」の芸能人版というコンセプトで、
スタートした番組とされています。

この「踊る!さんま御殿!!」。
番組の最後で、ゲストの方々が料理やデザートを食べて、会話する流れです。

出演者はハンパなく緊張している!

この番組は、常日頃からさんまさんのポリシーである、
「お笑いは戦場」であると仰っていますので、とても緊張するそうです。

評論家の宮崎哲弥氏は、2度出演されていますが、
「司会のさんまさんが番組中に『ネタふり』したら、
出演者(特に芸人)が、過敏に反応し、緊張感の高い現場である」と、話されていました。

番組の最後で食事会が行われるのは、なぜ?

収録が長時間に及ぶため、長時間の拘束され、
賄いが必要なのではないかという説があります。

打ち上げをしなくて済むように、食事会を設けていると、
その様に推測する方もいらっしゃいます。
 

さんまさんご自身が、継母に育てられて辛い思いがあって、
番組の中だけでも、食事を充実させるように考えているとの説もあります。

最有力説が、「さんま御殿でおこなわれる晩餐会に呼ばれた」という事です。
この「踊る!さんま御殿!!」は、明石家さんまさんが、主人です。

その主人が、お招きしたゲストに、
お食事を振る舞っているとの考え方が、一番有力的と考えられています。

ネットの反応

・さんまが、ご馳走しているって意味だろ!
・さんま御殿で、お食事会しているだけ
・和やかさを演出してるんだよ。
・和気あいあいっぽさを出したいからだろ

「踊る!さんま御殿!!」は、明石家さんまさんの人気番組。
番組の最後で食事会を催す意味は、主人が、もてなしをしている意味です。

出典:2ちゃんねる , ネタリブート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ