【デマなのか!】後藤健二さんがまばたきで『モールス信号』?その真実は!

ジャーナリストの後藤健二さんは、故人となりました。その驚愕の死因!モールス信号に隠された真実は?

【デマなのか!】後藤健二さんがまばたきで『モールス信号』?その真実は!のイメージ

目次

  1. 1後藤健二さんは、モールス信号を発していたのか?
  2. 2ネットの反応

後藤健二さんは、モールス信号を発していたのか?

後藤健二(ごとう けんじ)さんは、故人となりました。
後藤さんは、1967年9月22日生まれのジャーナリストでした。

2015年1月30日で、生涯を終えることになりました。
不安定な中東に、軸足を置き、報道しようとしていたのかも知れません。

そもそも、後藤さんは、「イスラム国」により、
拘束されたのです。最悪の結果を迎えてしまったのです。

公開処刑という最も残忍な方法で、動画が全世界に公開されました。

湯川遥菜さんと、後藤健二さんは、極めて残忍な方法で、
殺害されたと報道されています。

お二人のご冥福をお心より祈りしたします。

この事件報道が為された当時、ネット上で、
さまざまな話題・情報が飛び交いました。

公開された画像の「コラ画像」、
「自己責任論」の賛否、「(人質となった法人は)自決してほしい」などです。

今から、4年近く前の事件ですが、
広く拡散された事象がありました。動画の中で、後藤さんが信号を送ったとの事です。

公開された処刑動画の中で、後藤さんは、
何度もまばたきを繰り返しました。この瞬きが、モールス信号だったとの伝聞です。

モールス信号だったとの事実はありません。
デマ報道なのですが、後藤さんが、
「見捨てろ」「助けるな」と、信号を送っていたとの噂です。

この後藤さんが送っていたシグナルについての報道は、
全くのデマであることが、現在では分かっています。

ネットの反応

・後藤さんは、イスラム国に関係が深かったから
・処刑されてしまったのは、残念だった
・イラク周辺も落ち着きを取り戻しているように見えるが
・イラクやシリア、トルコも絡んだ、難しい地域なんだよ。

後藤健二さん、湯川遥菜さんが、極めて残忍な方法で、
殺害され、動画公開後、数年経過しました。平和を取り戻す礎だったと考えたいです。

出典:Twitter , BLOGOS

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ