【詐欺行為】ローソンで店員が犯した驚愕の犯罪とは…コンビニのレシートには要注意!

ローソンで実際に起こった事件です。ある店員が悪意を持ってレジを操作し、客のレシートに不正行為を行っていました。このレシート画像を見て何処がおかしいか分かりますか?

【詐欺行為】ローソンで店員が犯した驚愕の犯罪とは…コンビニのレシートには要注意!のイメージ

目次

  1. 1客のポイントを店員が不正取得!富山のローソンにて
  2. 2件の客のツイートとは
  3. 3謝罪文をHPに掲載したローソン
  4. 4他人のポイント不正取得はどのような犯罪になるのか?
  5. 5ネットの反応

客のポイントを店員が不正取得!富山のローソンにて

2016年2月、富山のローソン砺波大辻店で、アルバイト店員が自分のポイントカード(ポンタ)をレジに通し、第3者である客の買い物金額のポイントを反映させていたという事件がありました。

ポンタカードを持っていない客が買い物をした際、自分のカードにポイントを勝手に付与していた。


ポンタには日本航空や昭和シェル石油なども参加。ローソンでの買い物では税抜き100円で1ポイントたまり、買い物や商品の引き換えに利用できる。

同社広報室によると、店員は不正取得を認め、6日に退職した。性別や年齢は明らかにしていない。

 
店員は4日、客の支払いの際、自分のカードにポイントを付与。覚えのない会員番号がレシートに印字され、客が不審に思い、インターネット上に写真を載せた。

それを見た別の人が5日、ローソンに問い合わせ明らかになった。

これはせこい犯罪ですねsad ポンタを持っていない客は、この店員がレジに何のカードを通したか気にも止めていなかったという事ですねsurprise

件の客のツイートとは

被害(?)にあったお客さんはレジシートを見た時、憶えの無いポイントが4000Pもついている事に不審に思い、何故か店には訴えずツイッターに投稿したそうです。

わいポンタカード持ってないのにポイント4000以上あるらしいw
バイトか知らんけどもっと手際よくばれないようにしないとクレーム行くよw自分のカードを出して通してるのわかりやすすぎてわざわざレシートください。って言ってしまったwww pic.twitter.com/JfoR8iy8ow

— のら 今年こそ頑張る (@ForPugy) 2016, 2月 4

コンビニで買い物をした人の多くは、支払い終了後レジシートを確認もせず、不要シート入れとしてレジ台に設置してある小さな箱に捨ててしまいますね。

ここに目を付けた男の小賢しい犯罪でした。しかしこのお客さんはレジシートをしっかり確認したのです。

謝罪文をHPに掲載したローソン

ローソンは以下の通り、謝罪文をHPに掲載しました。確かに従業員の再教育も大切ですが、お客である我々もレシートはしっかりその場で確認すべきですね。見もしないでポイ捨ては止めましょう。

他人のポイント不正取得はどのような犯罪になるのか?

今回の不正行為は刑法のどれに抵触するのでしょうか?ローソン側は不正行為という表現をしていますが、犯罪に当たるのではないでしょうか?

調べたところ、不実の電磁的記録を作り出した行為として、刑法246条の2の『電気計算機使用詐欺罪』に当たるそうです。

ポンタカードも含めてTポイントなど多くのポイントカードは、ポイント発行会社によって名義人が定められていますので、ポイント加算はカード名義人に限られます。

よって被害者はポイント発行会社であり、その会社を騙す行為となる他人の商品購入額を、自分のポイントカードへ付ける事は「不実の電磁的記録」を作り出す行為になるので、不正であり犯罪です。

注意しなければならない事は、買い物客が他人のポイントカードへ了承して加算させた場合も罪になるという事です。

出典:弁護士ドットコムNEWS

このようにいつか必ずバレますよ、悪事というものは!

ネットの反応

・定期的にポイント泥棒話題になるよな 事前にレジにスキャンしておくんだっけ?
・一瞬何のことなのか分からんかったけど、そういうことか…
・レシートを見ないのは結構危険という事が分かった
・ポイントカートが必ず持ち歩いてレジで提示してる

ポイントの貸し借りも犯罪になるという事ですね。自分の商品購入額を、人のポイントカードに分かっていて付けてあげたら犯罪行為になるという事は憶えておきましょう。

出典:日本経済新聞 ハム速

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ