500円硬貨に隠された秘密あり!「こんな仕掛けがあったとは!」あなたは知ってました?

500円硬貨には隠されている秘密がありました!その秘密をあなたは知っていましたか?

500円硬貨に隠された秘密あり!「こんな仕掛けがあったとは!」あなたは知ってました?のイメージ

目次

  1. 1現行の500円硬貨は、平成12年からのもの。
  2. 2なぜ、平成12年に新硬貨に変わったのか?
  3. 3500円硬貨に隠された秘密とは!
  4. 4ネットの反応

現行の500円硬貨は、平成12年からのもの。

現在の500円玉(硬貨)は、
1982年(昭和57年)に、五百円紙幣に代わり登場したものです。

500円硬貨は、
2000年(平成12年)8月に、デザインと材質が変更されているのです。

この硬貨が、現行の500円玉です。
(写真は平成20年発行の硬貨)

なぜ、平成12年に新硬貨に変わったのか?

まずは、最初に、なぜ、平成12年(2000年)に、
硬貨を変更する必要があったのでしょうか?

それは、偽硬貨が出回ったからです。
韓国の1982年に発行された500ウォン硬貨が、変造されて使われた事情もありました。

当時の為替で、約50円(日本円換算)の価値で、
材質が同じ白銅であって、大きさも26.5mmと同じ大きさだったのです。

表面を僅かに削ったりして、質量を減ずると、
自販機で500円硬貨として使うことが出来たのは、大きな原因だったのです。

500円硬貨に隠された秘密とは!

それは、現行の500円硬貨には、
NIPPONという文字が、小さく刻まれていることは、
多くの人に知られていない事実です。

裏面にある「NIPPON」

表面にある「NIPPON」

ネットの反応

・これは知らなかった!
・NIPPONと言う文字が、隠されていたとはな。
・韓国の500ウォンが、偽硬貨として使われたのは大きい!
・恐るべし、日本の技術としか言いようがないよ

現行の500円硬貨には、隠された秘密がありました。
それは、NIPPONという文字が小さく刻まれていることです。
日本人の素晴らしい技術が可能にしたことなのです。

出典:四葉のclover , blog.正雅堂 , Wikipedia (ja)

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ