LINEから若者が逃げ出し始めた!?もうオワコン化してしまったのか・・・その真相とは!?

「若者がLINEから逃げ出し始めた!」実際のところどうなの!?真相を調べてみてわかったことは・・・

LINEから若者が逃げ出し始めた!?もうオワコン化してしまったのか・・・その真相とは!?のイメージ

目次

  1. 1LINEから若者が逃げ出し始めた!?
  2. 2中高年のユーザが増えただけ?
  3. 3LINEの使い方が変わってきている!?
  4. 4ネットの反応

LINEから若者が逃げ出し始めた!?

ガラケーからスマホへと主流が移っていく中で、若者を中心に一気に広まったコミュニケーションアプリ・LINE。

今ではメールを使う人が減り、自分のメールアドレスを覚えていない若者もいるとか。

確固たる地位を築いたと思われるLINEですが、YOMIURI ONLINEには「なぜ? LINEからも逃げ出し始めた若者たち」という記事が掲載されました。

ITジャーナリストの高橋暁子氏が書いた記事によると、LINEユーザーの割合は2016年1月の調査では15~19歳が11.6%、20代が24.8%だったのに対し、2017年1月の調査で15~19歳は10.3%、20代が20.7%と下がっていて、若者の「LINE離れ」が進んでいるというのです。

中高年のユーザが増えただけ?

ところが、年代別に調べてみると、決して利用者数は減っていないとの指摘が・・・

「App Ape」で17年1月と18年1月を比較してみたのですが、10~20代ではLINEの所持者数、アクティブユーザーともに増えており、若者はLINE離れをしていなかったんです。月間利用率を見ても若者の利用率は上がっており、むしろ利用頻度は高まっています。ちなみに、30代以上を含む利用者全体の母数も増えており、利用率も同様にほかの年代でも上がっています。

つまり、10代・20代のユーザの増加以上に、30代以上のユーザが増加しているため、相対的に若者のユーザの割合が減っているだけなのです。

50代でLINEの利用者が特に増えています。若者で顕著に利用者数が減っているのはFacebookという結果でした。

LINEの使い方が変わってきている!?

若者は相変わらずLINEは使い続ける一方で、コミュニケーションツールとしてLINE以外も使っている傾向が見られるといいます。

友人の親密度によってLINEとInstagramを使い分けるなど、複数のSNSを使いこなす傾向が見られるそうです。

LINEをあまり使わなくなった若者の声は・・・

「LINEが久しぶりに鳴ったかと思ったら、『広告かよ』って」
「インスタのDM(ダイレクトメッセージ)で連絡を取るようになってから、あまりLINEを使わなくなった」

またタブー視されていた「未読スルー」「既読スルー」も珍しくなくなっていると話す女性も・・・

「気が付けば、LINEを使わなくなった。前は未読も既読も溜めなかったけど。LINEはすぐ返す方が少ない。友人には未読が30〜40件溜まっている人もいる。未読スルーを嫌がる人もいると思うけど、今は当たり前になっている」

複数のSNSアプリを使い分ける時代になっているようです。

変化はしていますね!

ネットの反応

・数学的リテラシーのないITジャーナリストwww
・Facebookは順調に下がってきてるンゴねぇ
・LINEは無料通話アプリだから手放すことないわ
・仕事でLINE使うからプライベートでは使わないようにしてる

ビジネスでも使われるようになったLINE
誤爆しないようにプライベートでは使わない人も増えている!?

出典:ビジネスジャーナル, BUSINESS INSIDER JAPAN

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ