【大炎上】月29万円の生活保護費用は、多いか少ないか?受給者に「文句言うな」と批判殺到!

月29万円の生活保護費用は、多いか少ないか!その多寡で大炎上!受給者に対して「文句言うな」と批判殺到した件!

【大炎上】月29万円の生活保護費用は、多いか少ないか?受給者に「文句言うな」と批判殺到!のイメージ

目次

  1. 1生活保護(福祉)の受給額が多い?少ない?
  2. 2ネットの反応

生活保護(福祉)の受給額が多い?少ない?

大阪府で福祉(生活保護)の受給を受けている、
受給者さんのお話から、記事になっています。

朝日新聞大阪版の記事で、月39万円では、
「2人の子どもに劣等感を持たせずに育てるのは難しい」と、
大阪府在住の41歳の母親の意見に対して、批判が殺到していました。

その新聞記事は、「貧困となりあわせ」と題して、
2013年3月6日付朝刊に大きく掲載されたのです。

この記事の取材によれば、
2012年7月に夫と離婚した方の例でした。

取材当時、中2の長女・14歳、小5の長男・11歳と、
3人で借家に暮らしていた事例です。

生活保護の受給額は、司法書士の勧めで、
月に29万円ほどを受給するようになっていたそうです。

家賃が5万4000円、娯楽費に4万円を使っていました。
被服費が2万円、交際費が1万1000円の出費が計上されています。

携帯電話代は、2万6000円。固定電話代2000円も支払っています。
食費は1日1500円以下に切り詰め、おやつ代として7000円を含め、
植皮は月に4万3000円です。

結果、1万5380円が手元に残り、
毎月1~3万円を長女の高校進学に備えて蓄えに廻しているそうだったのです。

母親は節約していることを強調していましたが、
2013年当時に、これ以上保護基準が引き下げられたら、
食費を減額するしかないと訴えていました。

この時期、受給額の減額が話題になったために、
この女性が記事として、取り上げられたものと考えられます。

ネットの反応

・福祉の過剰な待遇は問題だと思うけどな!
・難しい!適正な金額をどうやってルールに置き変えるかなんだ!
・生活保護受給者に対する問題は、検討しないといけない
・問題が複雑になるから、解決できないんだよな

セイフティーネットとしての、生活保護費用は、確保されないといけません。
しかし、その金額について、多過ぎるのではないかと論じられています。

出典:J-CASTニュース , Vipperトレンディー

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ