奇抜な言動は病気の為!? 双極性障害(躁うつ病)と診断された芸能人・有名人まとめ

双極性障害いわゆる躁うつ病を患っている人は、芸能人や有名人の中にも意外に多く存在します。奇抜な言動にもしやと持っていたら、やはり躁うつ病だった芸能人・有名人をまとめました。

奇抜な言動は病気の為!? 双極性障害(躁うつ病)と診断された芸能人・有名人まとめのイメージ

目次

  1. 1双極性障害(躁うつ病)とは?
  2. 2双極性障害(躁うつ病)の症状
  3. 3双極性障害と思われる芸能人
  4. 4ネットの反応

双極性障害(躁うつ病)とは?

双極性障害とは、エネルギーの高まった「躁状態」と低下している「うつ状態」という二つの気分の波が交互に襲ってくる病気です。

その診断は専門家でも難しく、数年かけてやっと診断がついたというケースもあるほどです。

躁状態においては、見た目はとても元気があり、エネルギーに溢れているように見られます。

本人も苦しみより、心地よさが増し、むしろ行動的になります。医療機関に相談するときは、ほとんどがうつ状態です。

双極性障害(躁うつ病)の症状

■躁状態

【基本症状】
気分高揚・爽快気分:気分がスッキリし、ハイテンションに
易怒性・易刺激性:些細な事に敏感になり、怒りっぽくなる
活動性の亢進:1日中活動しても疲れにくい

このような精神状態から、時には周囲の人間まで巻き込む大騒動を引き起こしてしまうこともあるのです。

例えば危険な投資や大量の衝動買いをする、周囲に好戦的な態度をとる、見ず知らずの人と性行為に及んでしまうetc....

【周辺症状】
自尊心の肥大:何でもできるような気持ちになる
誇大妄想:自分は特別だという根拠のない思い込み
観念奔逸:次々とアイデアが出てきて、話がまとまらない
注意散漫:外からの刺激に気を取られてしまう
焦燥感:落ち着きのなさや焦りがみられる
多弁:人が話すのをさえぎって話す
行為心迫:何か行動をしなければいられなくなる
社交性の増加:友人や見知らぬ他人と交流をとろうとする
浪費:不要なものに大金を使ってしまう
性欲の亢進:普段にはみられない性的な乱れがある
睡眠欲求の減少:睡眠をとらなくても疲れを感じない

■うつ状態

双極性障害の人が最も苦しみを感じるのはうつ状態の時です。その症状は一般的なうつ状態と変わりありません。

※主な症状とは

抑うつ気分:気分の落ち込み
興味や喜びの喪失:自然にでてくる興味や感情がなくなる
易疲労感:疲れやすさを感じる
食欲の異常:食欲低下や過食
睡眠障害:不眠や過眠
意欲・気力低下:何かをしようという気持ちが起こらない
思考力低下:物事を考えて決断ができない
自責感や無価値観:過剰に自分を責め、自己肯定できない
希死念慮:繰り返し死ぬことを考える

双極性障害ではうつ状態期間の方が長いことが多いです。まれに躁鬱のサイクルが短い人もいますが、その様なケースをラビットサイクラ―というそうです。

双極性障害と思われる芸能人

TOKIOの山口達也

山口達也は5年ほど前からそう鬱状態に苦しみ、酒に逃げました。徐々に過度の飲酒が重なり精神のバランスがを崩してしまいました。

チャン・グンソク

チャンさんは2011年に初めて双極性障害との診断を受けたようです。チャン・グンソクさんの所属事務所が「チャン・グンソクが双極性障害(躁うつ病)により4級兵役判定を受けた」「16日に(新兵教育隊に)入所し、社会服務要員として2年間代替勤務する予定」と発表しています。

マライヤ・キャリー

2018年、米誌ピープルとのインタビューで、双極性障害を患っており17年間闘病していたことを告白しました。2001年に診断されたが、受け入れることができず、最近になって治療と薬物投与を始めたと明かしています。

玉置浩二

玉置浩二さんと言えば、突然ライブを中止したり、活動休止したり、突発的な行動がよく話題になっていましたね。何か危ないものをしてるんじゃないか・・・とも言われていましたがそれは違います。そう、突然病気を理由に休養に入った等の原因は玉置浩二さんが統合失調症だった事が理由なのです。

遠野なぎこ

双極性障害の女性芸能人で有名なのが、遠野凪子さんです。彼女のぶっとんだ発言や表情は、バラエティー番組でもおなじみとなりました。

(中略)

本人曰く、気分屋にとられてしまうけれど、病気からそんな態度をとってしまう自分でもいつうつ状態になるのか、そう状態に切り替わるのかわからず、本人が一番恐怖心を抱えて生きているとブログで語っています。

丸岡いずみ(フリーアナウンサー)

2011年3月におきた、東日本大震災で現場のレポートをしている時に、目に余る光景、そして、人々の悲惨な現実、苦しみぬく人々、さらに、跡形もなく無残にも切り抜かれてしまった日常を目のあたりにして、双極性障害となってしまいました。

(中略)

東北大震災があった年の、8月から丸岡いずみさんは、眠れず食べられない状態になったのです。当初は、自律神経失調症と診断されましたが、その後うつ病と診断されています。

テレビには決して移映されませんでしたが、当時の現場にはあちこちに遺体があり、夜は真っ暗になり余震の恐怖と津波の恐怖が蘇ってきたそうです。

泰葉

離婚をきっかけに、心身ともに疲れ果ててしまい、双極性障害になったと自身が語っています。3~4年は、眠る事も食べる事も、何をする気にもなれずに苦しんでいたといいます。そういえば、離婚後にテレビ出演した時にも、家に取材が来ているのに顔を出さなかったり、突然、周りを驚かせる発言をしたりしていましたよね。

華原朋美

1999年から度々、病院に救急搬送されています。2000年からは無期限の休養となり、体調不良や精神的な不安定から仕事をキャンセルする事も多くなりました。さらに、2009年と2010年には、精神安定剤を多量に飲用したために体調不良となり病院に救急搬送されています。

華原朋美の場合、行動そのものが典型的双極性障害と言われています。

岡田有希子

人気絶頂のアイドルが事務所屋上から飛び降り自殺したというニュースは、当時大きな衝撃が全国的に走りました。自殺の原因は、年上男優への一方的な恋愛感情が成就できず失望した為とか言われましたが....本当のところは不明です。

自殺の原因は不明で憶測が様々に取りざたされたが、性格的に生真面目で努力家な反面精神的にやや不安定な部分があったことも後に事務所幹部などから語られています。

躁うつ病は本人が一番つらいことは言うまでもありませんが、周囲の理解も必要ですね。

ネットの反応

・そう鬱の判断は専門医に相談しないと駄目だよね
・生真面目な人がなりやすいのかな
・玉置浩二も言われてみれば頷ける点多々あり
・太宰治が双極性障害だったのは有名な話だね...『人間失格』はその告白本

極度のストレスや適応障害から双極性障害を発症することが多いと聞きます。あまり無理せず、辛い時は専門医療機関に掛かることが大切ですね。

出典:playbrain 元住吉こころみクリニック 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ