大量殺人犯・植松聖、刺青・手紙の内容が過激すぎた⇒母親の教育に疑問符?!

大量殺人の犯人・植松聖、その刺青や手紙の内容が過激過ぎる・・・母親の教育に疑問の声が挙がっています!

大量殺人犯・植松聖、刺青・手紙の内容が過激すぎた⇒母親の教育に疑問符?!のイメージ

目次

  1. 1戦後最大の大量殺人鬼が、植松聖!
  2. 2手紙の内容が、正気では無い!
  3. 3刺青の激しさなど、母親の教育は?
  4. 4植松容疑者の現在、現状は?
  5. 5ネットの反応

戦後最大の大量殺人鬼が、植松聖!

2016年7月26日に、神奈川県立の知的障害者施設、
「津久井やまゆり園」で19人が死亡・26人が重軽傷を負う事件が起きました。

この事件は、戦後最悪の大量殺人事件です。
犯人は、植松聖容疑者です。手紙の内容や反省文が狂ってると噂になっています。

日本社会に、衝撃を与えました。
今後の障がい者施設運営に、警鐘を鳴らす事件でありました。

手紙の内容が、正気では無い!

植松容疑者の話です。植松容疑者の知人の証言として、
近所の子供と遊んだり、いい印象を話す人がいる一方で、
突然金髪にしたり、刺青を入れたりするなど、過激な面が目立ってきたそうです。

知人さん

(植松容疑者の)

「とても明るく、挨拶もしっかりしてくれていた。」

「友達も多くて、頻繁に友達が遊びに来ていた」

との証言もありました。

衆議院議長、大島理森様として、
手紙をしたためていますが、内容が異常です。
とても正気の人間が書いた文章ではありません。

私は障害者総勢470名を抹殺することができます。
・・・中略・・・
重複障害者に対する命のあり方は未(いま)だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。

刺青の激しさなど、母親の教育は?

刺青を体中に入れていることも、植松容疑者の特徴です。

母親に、子供を教育していく過程で、
原因があったのではないかとも噂になっています。

植松容疑者の母親は、
ホラー漫画家をされていたと伝え聞いています。
 

実家が仕事場だったとのこと。
その影響があったとは思いたくありませんが、

両親の夫婦喧嘩が、絶えることなく、
引っ越しを余儀なくされたと言う事が、理由かも知れません。

植松容疑者の現在、現状は?

相模原連続殺傷事件から、早いもので、2年が経過しました。
植松容疑者は、現在、横浜拘置支所にいます。

植松聖

(拘置所に在所)

「彼らが人に迷惑をかける源だと気が付いた」

「殺したことは認めるが、彼らは人ではないので殺人ではないと訴えたい。」

そういう事を話しているらしいので、
未だに反省の色は見えてないというのが、現状のようです。

ネットの反応

・頭が、おかしいヤツに、何を言っても無益!
・植松は、どう考えても、おかしすぎるだろ
・正気を失っているとしか思えないのが、植松容疑者
・19人を殺害したんだからなぁ、あり得ないよ!

神奈川県「津久井やまゆり園」で、19人を殺害したのが植松容疑者。
その成長過程で、入れ墨を入れている意味や、母親の関与などが、
ネットで話題になっています。幼児教育に問題があったのか、知りたいです。

出典:まとめいく [ matomake ] , NOWNOW

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ