【なぜ?】小学校教師が、水筒持ってくる生徒が許せない理由に驚愕!その理由とは?

小学校教師が、水筒持ってくる生徒が許せないと発言し、炎上!その理由がヒドすぎた!

【なぜ?】小学校教師が、水筒持ってくる生徒が許せない理由に驚愕!その理由とは?のイメージ

目次

  1. 1小学校教師が、水筒持ってくる生徒に疑問を?
  2. 2度々、問題になる学校への水筒持参の件
  3. 3水筒持参禁止という根拠は?
  4. 4ネットの反応

小学校教師が、水筒持ってくる生徒に疑問を?

ネットで炎上しています。小学校の教職員が、
小学生で水筒持ってくる生徒を否定的に見ていたからです。

2018年、とても暑い夏となっています。
最高気温を観測史上、更新しています。40度越えとは考えられません。

体力のない、お年寄りや年少者は、熱中症に注意して、
どうやって、過ごしていくかが、毎日の課題と言えます。

度々、問題になる学校への水筒持参の件

小学生に、学校へ水筒持参をさせる事への、
是非が、度々問題になります。いじめ問題も絡んでいます。

小学校の教員の中で、
小学生の水筒持参を否定的に発言し、大炎上したことがあったのです。

熱中症の予防に、水筒持参は、とても効果的なことです。
それを、小学校の教員が、望ましくないと発言しています。

ネット民の疑問

(あり得ない!)

水筒も買えない貧乏人にも学校通う資格あるの?

ではありますが、この夏の暑さに接したときに、
子供だからと言って、我慢を強いるのは、間違っているという意見があります。

大人の意見

(我慢させるな)

「くそ暑いのに水筒なしは苦行だよ」

水筒持参禁止という根拠は?

2018年の酷暑により、小学校や義務教育現場での、
冷房設置の是非が、議論されています。

水筒持参を禁止する、小学校があることも事実らしいです。

様々な理由があります。
・通学途中で水筒を振り回し、他の児童に怪我をさせる
・水道があるんだから、水道の水を飲めば?

こじつけのような理由で、
小学生の熱中症予防を、妨げているように思えてなりません。

小学校の教員でありながら、
教え子の熱中症を心配するより、校則を優先するその対応に問題があります。

ネットの反応

・小学校の教員には、教え子の命を守る観点が不足してる
・あり得ない対応で、小学生の命が失われることは、避けなければいけない。
・水筒持ってくる生徒を、差別するんじゃないよ。
・校則を優先させると、子供の健康が危なくなるんだよ!

小学校教師の中には、自分がクーラーの効いた自動車で通勤しながら、
子供たちには、冷房する環境を、妨げている方達がいるのです。
小学生の命を守る観点から、水筒持参を禁止する意味は、全く感じません。

出典:2ちゃんねる , 教育毒本

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ