【悲報】悲鳴を上げるバス業界「もう維持できません」利用者は多いのに何故?

福岡県民の貴重な生活の"足"として利用されてきた、福岡市中心部を走る西鉄の循環バスが大幅減便される事になり県民は悲鳴を上げています。利用者が多い黒字路線が何故?その背景には深刻な職場事情がありました....

【悲報】悲鳴を上げるバス業界「もう維持できません」利用者は多いのに何故?のイメージ

目次

  1. 1西鉄循環バス 福岡市中心部を走る黒字路線が大幅減便
  2. 2「もう維持できない...」西鉄が悲鳴を上げる理由とは...
  3. 3バス業界が抱える深刻な事情
  4. 4状況打開のカギは
  5. 5ネットの反応

西鉄循環バス 福岡市中心部を走る黒字路線が大幅減便

2018年2月、日本最大規模の西日本鉄道が運営する路線バスの大幅縮小が発表され、利用者である福岡市民に衝撃が走りました。西鉄の愛称で福岡県民は勿論、全国的にその名が知られている会社が黒字路線の減数を決行したのですから。

これまでバス路線の見直しと言えば地方の赤字路線が「定番」でしたが今回の対象は福岡市中心部。それも、屋台が立ち並ぶ「中洲」を中心に「天神」や「博多駅」などを結ぶ、1日平均8000人が利用する黒字路線でした。

会社はいわば“バスの山手線”のような「循環ルート」を縮小し、便数を大幅に減らしました。
 

深夜バスは11路線すべて廃止!

料金が日中の2倍の設定で、残業や飲み会で遅くなった通勤客に利用される事が多い深夜バスは、いわばドル箱であったにも関らず全線廃止されるとは...

「アテにしていたのに、仕事や飲み会で遅くなったとき、本当に困る」(会社員)、「バイトを早く切り上げないといけなくなった」(女子大学生)と悲鳴のような声があがっています。

「もう維持できない...」西鉄が悲鳴を上げる理由とは...

西鉄のような大手でも、このような大幅な路線便の減少をせざるを得ない事情とはいったい何なのでしょうか?

それはズバリ「慢性的な運転手不足」です。

西鉄では、見直し前には1日20人の運転手が不足していて、慢性的な人手不足に陥っていました。

通常の運行でさえ運転手の確保が大変なのに、日常的にプロ野球や有名アーティストのコンサートなどで臨時バスの運行業務が発生。運転手たちに残業や休日出勤をお願いして、なんとか運転手のやりくりをしていましたが、こうした勤務を理由に離職する人が増加傾向になったといいます。

西鉄は赤字路線であるローカル路線を廃止すると、数少ない利用者でも本当にそのバスを必要としている人が困ると考え、敢えて利用者も多く便数も多い都市部の便数を削る選択を取ったのです。

各バス会社が協力して、運転手を募集する就職イベントを開いて求人を呼び掛けても、状況を打開にするまでには至りませんでした。

バス業界が抱える深刻な事情

運転手不足の理由は業界が抱える深刻な事情がありました。

残業時間が長い割りに平均賃金が低い

残業が長い理由は、渋滞に巻き込まれると目的地に到着するまでに時間がかかるからです。

バスの運転手は、年間の“残業時間”が平均492時間と他の職業に比べて、3倍長い一方、平均賃金が448万円と1割ほど少ないというデータもあります。(厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査)

これは、バスが渋滞に巻き込まれると目的地に5分、10分と遅れそれが積み重なって、運転手は大幅に休憩時間を削られる、つまり「残業」となるためです。

バス会社は赤字路線を維持するために、運転手の賃金を抑えてやりくりしてきたそうですが、肝心の運転手の定着率が低下し新規応募も減ってしまいました。

状況打開のカギは

運転手不足の現状を打開するカギは"女性活用"と"女性ニーズを狙え”という点にありました。都内のバス会社「日立自動車交通」が取った対策は、その点で実にユニークでした。

この会社が千代田区で走らせているのは、ピンク色のバス。まるで、テーマパークの中を走るようなかわいらしい車体でした。

ひょっとして、と思って会社に聞いてみると、やっぱり「女性ねらい」ということでした。運転手の制服も、女性が選んだ明るい色のデザインに変えたそうです。

もちろん、見た目だけではなく、運転免許を取る費用を出したり、子育てや家事との両立がしやすいよう早朝や深夜の勤務のない路線を女性運転手に優先的に担当させたりと、さまざまな取り組みを行ってきました。

この結果、もともと1人だった女性運転手が、この2年で5人に増えたということです。

バス運転手不足は西鉄だけではありません。2020年東京オリンピックを控えた東京でも、バスの増便に伴い運転手の争奪戦が激しくなると見込まれています。

行政も一体になって地域交通のあり方を見直す必要があります。

ネットの反応

・普通免許で運転出来るようにすればいいだけ、運送業も同じ
・給料高くすればいいだけの話じゃん 昔の佐川みたく 経営者って無能やな
・東京では女性ドライバーも良く見かけるようになった
・路線バスの運ちゃんって結構堅実だと思っていたけどな

バス運転手の人手不足を解消するためには、単純ですが労働条件を改善し基本給を上げ、応募資格の年齢性別も緩くすることが一番ではないでしょうか?でもそれが経営側には一番難しいのでしょう...

出典:NHK NEWS WEB   5ちゃんねる 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ