【冠婚葬祭】結婚式でのマナー違反、あなたは問題ない?最低限の礼儀を守ろう!

結婚式でのマナー違反には、気をつけましょう。最低限の礼儀を持って、式典に出席してください。

【冠婚葬祭】結婚式でのマナー違反、あなたは問題ない?最低限の礼儀を守ろう!のイメージ

目次

  1. 1結婚式に招待されたら、気をつけるポイント
  2. 2ヘアースタイル、アクセサリーなど
  3. 3NGなスタイルは?
  4. 4ご祝儀の金額の目安は?
  5. 5ネットの反応

結婚式に招待されたら、気をつけるポイント

結婚式に呼ばれたからには、大事な式を台無しにしないよう、
最低限の礼儀、マナーを押さえておいて欲しいものです。

結婚式に招待されたとき、代表的な問題として、
どの様な服装をしていくべきなのか、要チェックです。

色々と、要注意ポイントはありますけれども、
新婦よりも目立つような服装は、控えたいものです。

主役は、新婦さんなのです。招待されたものが、
新婦さんよりも、目立っては、本末転倒となります。

ヘアースタイル、アクセサリーなど

ヘアースタイル、アクセサリーなども、重要なマナーです。

ヘアスタイルについては、アップスタイルが基本です。
アクセサリーについては、ネックレスがパールであれば、間違いありません。

金色の派手なアクセサリーは、控えましょう。

また、靴については、パンプスが基本スタイルです。

NGなスタイルは?

黒の服装は、喪服を連想させると考える方も居ますが、
フォーマルな式典では、オーケーです。

ただし、黒一色よりも、明るい色を混ぜることが大事です。

ベージュのドレスがNGと考える人も居ますが、
問題ありません。合わせるボレロやバッグの色を別にすれば、オーケーです。

ご祝儀の金額の目安は?

結婚式や、結婚式の披露宴に、出席する際、
持参するお祝いの金額は、地域や、お付き合いの親密さで異なります。

重要なのは、同じ日に出席する他の人と、合わせることも必要です。

事前に、失礼のないようにお尋ねし、金額を決めるのも、
恥ずかしいことではありませんので、お考えください。

参考として、金額を図でご紹介しておきます。
あくまでも、ご参考程度にお願いします。

披露宴に招かれた場合

披露宴に出席しないときのご祝儀金額

ネットの反応

・結婚式に出席するのだって、気苦労が絶えない
・気軽に出席するわけにはいかないんだよなぁ
・お祝いをいくら包むかは、相場に従おうぜ
・後で、マナー知らず、礼儀知らずと言われないようにな!

結婚式、結婚披露宴に招かれると、最低限の礼儀を示さないといけません。
失礼のないように気を使いながら、
新たな門出を祝う気持ちを込めて、参席してください。
 

出典:おしゃれコンシャス , 簡単便利『冠婚葬祭マナーガイド』

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ