【衝撃】自殺した芸能人12人の理由を知れば知るほど芸能界の深い闇に戦慄する

不可解な理由で自殺した芸能人12人を纏めました。深すぎる芸能界の闇を感じさせる自殺の背景とは...

【衝撃】自殺した芸能人12人の理由を知れば知るほど芸能界の深い闇に戦慄するのイメージ

目次

  1. 1不可解な芸能人の自殺12選
  2. 2ネットの反応

不可解な芸能人の自殺12選

1.藤圭子

知人男性マンションの一室から飛び降り自殺。満62歳没。目撃した男性会社員によると...

「救急隊員が抱きかかえてストレッチャーに乗せて、心臓マッサージしていたが、駄目だと思った。瞳孔が大きく開いていた。右側頭部は陥没し、口と耳から血が垂れていた。拒食症の人みたいにやせていた」。心肺停止状態で病院に搬送されたが、間もなく死亡。

藤 圭子(ふじ けいこ、1951年7月5日 - 2013年8月22日)は、日本の演歌歌手。本名、宇多田 純子(うただ じゅんこ)。旧姓、阿部(あべ)。
※出典:ウィキペディア 

警視庁などによると、藤さんは13階にある知人の30代男性宅に約6年前から同居。22日午前7時ごろ、マンション前の路上であおむけに倒れているところを通行人が見つけ、110番通報した。男性宅から飛び降り自殺を図ったとみられる。

 地上に落下し動かなくなった姿を目の当たりにした住民の1人は「ガードレールのすぐそばであおむけに倒れていた。顔はきれいでしたが、頭の周りは血だまりになっていた」と振り返る。

恩師である作詞家・石坂石坂まさをさん(享年71)のお別れ会の翌日の自殺でした。同居していた30代男性との関係等々...関係の複雑さが伺えます。

2.上原美優

貧乏育ちを売りにしていたタレントでした。満24歳没。

自殺した場所は交際していた一般男性の部屋でした。男性を"一人にしてほしい"と部屋から出し首を吊ったのです。

2011年5月11日23時頃、東京都目黒区のマンション自室のドアにスカーフとベルトで首を吊って自殺

原因は母を失った後の喪失感に耐えられなくなったためでしょうか...

所持品の手帳には「お母さんが死んで辛い。このままのスタイルで仕事して先行きどうなるか」というメモが残されていたという。上原の父親は種子島の実家で取材に応じ、亡くなる前日の午前中、「もう種子島に帰りたい、お母さんのところに行きたい」と電話をかけてきたため、慰めつつ故郷に帰ってくるよう促したところ、その日の夜には元気を取り戻したかのような電話を再びかけてきていたことを明かした。

3.ZARD 坂井泉水

2007年5月26日、闘病中の病院内のスローブから3メートル下に転落、集中治療室に運ばれたが高掉尾強打による脳挫傷で死亡しました。40歳没。

誤って転落したのか?自殺なのか?謎が残る坂井泉水の死ですが、子宮頸がんを患い、更に癌が肺へ転移した為、病状はかなり深刻で精神的にも辛かったと思われます。

4.伊丹十三

日本の映画監督。『お葬式』で愛が監督デビュー、高評価を得ました。その後『マルサの女』『ミンボーの女』など日常性、社会性に富んだ作品を発表し、人気を博しました。64歳没。

ワープロの遺書があったことから、当初は不倫報道を苦にしての飛び降り自殺か?と言われましたが、余りにも不自然な状況から伊丹十三の関係者は強く自殺を否定していました。

1997年12月20日、伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で遺体となって発見された。

当初から、経緯について様々な説が飛び交った。

かつて『ミンボーの女』(1992年)公開後に襲撃事件があった経緯から、当初から暴〇団の関与を疑う声はあった。

(中略)

ジェイク・エーデルスタインの著書によれば、伊丹は当時後藤組と創価学会の関係を題材にした映画の企画を進めており、後藤組組長の後藤忠政がそれを快く思わず、後藤配下の5人が伊丹の体をつかんで銃を突きつけ屋上から飛び降りさせたと、自身が取材した人物が語ったという。

また大島渚や立川談志など古くから伊丹十三を知る人物も、警察が死因を「自殺」と断定した後も「不倫報道ぐらいのことで、あいつは自殺しない」「飛び降り自殺は絶対に選ばない」と話し自殺を否定した。

危ないところに首を突っ込みすぎた結果...闇の勢力の手に掛ったのでしょうか:;(∩´﹏`∩);:

6.可愛かずみ

元交際相手のマンションの7階から飛び降り自殺。満32歳没。

可愛かずみは当時ヤクルトスワローズの川崎憲次郎投手(当時)と交際していました。しかし川崎の都合で破局、可愛かずみはその頃から精神的に不安定な状態に陥りました。

数度のリストカットなどの自殺未遂を重ねた挙句の飛び降り自殺でした。

5.飯島愛

飯島愛の場合、自殺とは断定できないフシがあるので、ここに含めるのは相応しくないかもしれません。寧ろ不審死といえるでしょうか。満36歳没

2008年12月24日、東京都渋谷区桜丘町の渋谷インフォスタワーの自室で亡くなっているのが[親戚の女性によって発見された。その後、警察などの捜査によって、発見時現在で死後1週間ほど経過していたことが判明した。

(中略)

死因は肺炎であったことが判明した。真冬ではあったが、室内の暖房が点けられたままであったため、遺体は腐乱していたという。

7.岡田有希子

アイドル歌手 1967年生まれ 人気絶頂の1986年に飛び降り自殺しました。18歳没。岡田有希子の自殺の影響は凄まじく、全国で後追い自殺者が出現するほど社会問題となり、この現象は『ユッコ・シンドローム』と呼ばれました。

8.田宮二郎

1935年生まれの田宮二郎は1960年代の日本映画を代表するスターの一人でした。『悪名シリーズ』や『白い巨塔』は田宮の代表作と言えます。70年代に入るとテレビに進出、クイズ番組『タイムショック』の名しかいぶりをご記憶の方もいらっしゃるでしょう。

躁鬱病の末に1978年12月28日の正午近く、元麻布の自宅で米国パックマイヤー社製の上下2連式クレー射撃用散弾銃で自殺を遂げました。43歳没。
 

9.古尾谷雅人

2003年3月25日、文京区の自宅で首つり自殺を図り死亡。45歳没。

古尾谷雅人の自殺の経緯は、俳優としての仕事の激減、実家の遺産相続問題、自身尾借金問題などが重なった挙句、そう鬱状態になっていった為だったそうです。

1980年代後半、アイドルが主役のドラマや映画が主流となり、1990年に入るとバブル景気を背景にトレンディドラマがブームになる中、古尾谷はあくまで硬派な役柄やシリアスな役柄などにこだわり、仕事を選ぶようになった。またキャリアを積む中でギャランティーも上がり、起用する側も古尾谷を敬遠するようになった。その影響で仕事が減り、1日中家にいることも多くなり、昼間から酒浸りの生活になった。

性格的に不器用なタイプだったのでしょうか。

10.川田亜子

元TBSアナウンサー 2008年5月25日、車の中で練炭自殺を遂げました。29歳没。

川田亜子さんの自殺の原因は、異性関係の悩みだとか体調不良に悩んでとか言われていますが、他殺の疑いもあるという説もありました。

その噂の元は、川田亜子さんと当時の所属事務所幹部との異性関係のもつれがあった事からでした。その幹部はマット・テイラーという平和活動家。映画監督と金銭トラブルで揉めていました。

川田さんはその幹部とは別れ、マット・テイラーと付き合っていたため消された(?)というものですが、これはデマっぽいですね。

川田亜子さんの遺体は司法解剖されず、警察も捜査はしませんでした。川田さんの父も"娘は覚悟の上の自殺だった"と死を受け入れました。うつ病の果ての自殺だったようです。

11.HIDE

本名:松本秀人 X JAPANのギタリストとして活躍 1993年よりhide名義でソロ活動を開始しましが、98年5月2日、自宅マンションのドアノブにタオルをかけ、首つり自殺を遂げました。33歳没。

警察は雑誌取材などに「『牽引』にしては首の輪が小さく、むしろ死を意図するものであった。また、『バンドや音楽活動で悩み酒量が増えていた』と聞いており、突発的に死に踏み切ったのだと思われる」と答えている。

「故意による自殺」か、「不慮の事故」かは不明であり、遺書や「死にたい」と自殺をほのめかす発言がない事や、ドアノブに柔らかいタオルで自殺する方法は珍しい事から、不慮の事故とする説がある。

YOSHIKIは「彼は自殺するような人間ではない」と発言している。

12.牧野田彩(AYA)

2010年10月23日自宅マンションから飛び降り自殺しました。享年30歳。

AYAは元小室ファミリーの一員として歌手活動をしていました。しかし、その後AV女優に転身します。そして嵐を始めジャニーズのアイドルタレント数人と関係を結んだことが知れ渡りました。

芸能界の裏事情の一端を伺わせるAYA自殺の背景とは...東京スポーツによると以下の通り。

「25日午前、都内の自宅マンションから飛び降り、自ら命を絶った。詳細は不明だが、関係者によると、AYAさんは精神的に悩んでおり、衝動的に自殺したものとみられる」

「最近は誰彼構わず『自分は芸能界の大物に狙われている。殺される、助けて!』と電話を掛け、被害妄想にとりつかれていたように見えた」

「明け方など時間を問わず電話が掛かってくるため、知人たちは次第にAYAさんを避け始めて孤立していった。そうしたなか、AYAさんは都内の警察署に駆け込み、同様の内容を訴えたともいう。だが相手にされなかったのか、24日夜まで知人に電話し『助けて!』と訴えていた」とのこと。

写真週刊誌に掲載されたAメンバーS&Mの4P写真、週刊誌に掲載されたAメンバーOの大麻写真に一緒に写っていたのが、AYAさんだったとはよく言われている話。

芸能界の掟破りをして"大物"から消されたのか?それとも彼女が極度に妄想状態に陥った挙句の自滅なのか?今となっては憶測の域を出ません。

鬱状態のあげくに自殺した人が殆どですが、追い詰められ方が怖いケースもあります:;(∩´﹏`∩);:

ネットの反応

・AYAの場合、相当追い詰められたことが分かる...怖いね
・飯島愛の場合、黒い噂が多すぎるから...
・自殺する人間は死神に憑りつかれてしまったのか
・自殺の原因って一つだけではなくいくつもの辛いことが積み重なった挙句なのでは
 

芸能界は浮き沈みが激しく、人気が落ちた時ほど精神が不安定な状態になりやすいものです。そんな時、借金問題や仕事の不安も重なり"死"以外見えなくなってしまう状態になるのでしょうか...

出典:Wikipedia NAVERまとめ zakzak BUBKA編集部のブログ 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ