『火垂るの墓』のポスターに隠された真実とは!?タイトルの本当の意味がわかると鳥肌が立つ・・・

『火垂るの墓』タイトルの本当の意味、そしてそれを表した映画のポスターに隠された真実とは!?その意味がわかると鳥肌が立つ・・・

『火垂るの墓』のポスターに隠された真実とは!?タイトルの本当の意味がわかると鳥肌が立つ・・・のイメージ

目次

  1. 182歳で亡くなったアニメーション監督・高畑勲さん
  2. 2放送直後、あるツイートが話題に!
  3. 3別バージョンのポスターでも!
  4. 4ネットの反応

82歳で亡くなったアニメーション監督・高畑勲さん

2018年4月5日、東映動画、日本アニメーション、スタジオジブリなどで長年アニメーション監督を務めた高畑勲さんが82歳で亡くなりました。

これを受け、日本テレビは4月13日の金曜ロードSHOW!の予定を急遽差し替え、高畑勲監督の代表作『火垂るの墓』を放送を決定。

高畑監督の訃報が伝えられてから、わずか半日で決断したそうです。

放送直後、あるツイートが話題に!

4月13日の『火垂るの墓』放送直後、あるツイートがネットで話題になりました。

それは、蛍が舞う中で微笑む節子とそれを見守る清太を描いた『火垂るの墓』のポスターにまつわる話です。

ポスターに描かれている光が全て蛍が放った光のように見えますが・・・画像を明るくしてみると浮かび上がったのは・・・

アメリカの爆撃機・B-29のシルエットが浮かび上がるのです!!

よく見ると、蛍を描いた丸い光と、上から降って落ちてくる光、二種類あることにも気付きます!

「火垂る」とはまさに火が落ちること。原作小説を書いた野坂昭如が『火垂るの墓』というタイトルを付けた意味を表していたわけですね!!

別バージョンのポスターでも!

こちらのポスターでも、2種類の光やB-29がしっかり描かれていました!!

いままで気づきませんでした!!

ネットの反応

・全部ホタルだと思ってたずーーっと!
・爆撃機の黒い影と 火の粉 息が 詰まりました…涙が 止まらないです。
・火垂るの墓を好きな方は、この世界の片隅にも観て頂きたいです。
・個人的には、あの戦争で奪われてしまった命の光だと思っています

原作小説を書いた野坂昭如氏がタイトルに込めた意図を汲み取って
見事に仕上げたポスターではないでしょうか!?

出典:Twitter, イミシン

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ