「あんたのところに生まれ変わってくる」難病で急逝した母。その言葉の通り3ヶ月後に妊娠が判明!!

難病で急逝した母を火葬場で「また親子しようね」と送り出した私。するとその3か月後に妊娠していることが判明する奇跡の物語!

「あんたのところに生まれ変わってくる」難病で急逝した母。その言葉の通り3ヶ月後に妊娠が判明!!のイメージ

目次

  1. 1難病と闘っていた母が一度だけ吐いた弱音
  2. 2母親急逝の三か月後に起きた奇跡
  3. 3ネットの反応

難病と闘っていた母が一度だけ吐いた弱音

ある専業主婦の女性の母親が難病「ALアミロイドーシス」と診断されたのは、2017年6月のこと。

9月ごろから症状が悪化し始め、化学療法を行いながら自身の骨髄移植のタイミングをはかっていましたが、症状が悪化してそのタイミングが掴めなかったと言います。

11月末ごろには1人で立って歩くのも難しい状態に。食欲もなくなり、口数も少なくなっていきました。

「大丈夫やて。私頑張るで」とずっと気丈にふるまって病気と闘っていた母親が、ある日の病室でこんな話をはじめたそうです。

「あのさー、もしこのままダメだったら……」

「あんたのところに生まれ変わってくるでね。またよろしくね」

それは娘が不妊治療でクリニックに通っているのを知っていての言葉でした。母親もかつて不妊治療した経験があったからこその言葉です。

「えー、賢くていい子だといいなぁ」

と、そのとき軽い言葉を返したのは、これまで一度も弱音を吐かなかった母親が、この時ばかりは言葉が震えているのがわかったからだとか・・・

それからも病状は悪化し、12月に入ると会話もままならなくなり、57歳という若さで急逝。

女性は11月に交わした言葉を忘れられず、火葬場では「また親子しようね」と約束して母親を送り出したそうです・・・

母親急逝の三か月後に起きた奇跡

母親急逝から3か月後の2018年3月、母親の言葉の通りの奇跡が起きます。

女性の妊娠が判明したのです。母親の看病もあり不妊治療を休んでいたため、自然に授かった命です。

出産を11月に控えた女性が、8月6日にその時の思いをツイッターに投稿したところ、大量リツイートして感動をよんでいます。

女性は、母親へのメッセージを次のように語っています。

「頑張って出産するから、これからも見守ってね。お母さんがしてくれたみたいに、愛情いっぱいで育てるからね。また会う時に、たくさん話したいことがあるから、そのときはたくさん褒めてほしいし、たくさん話がしたいよ」

鳥肌が立ちました!

ネットの反応

・涙出ました。お母さんからの最高のプレゼントですね。
・人のツイート見てうるっとしたの初めて
・まさに繋ぐ命ですね
・立場が真逆にはなりますが、ちゃんとまた親子できるんでしょうね

親子の立場が入れ替わっても仲の良い親子として
ずっと過ごせるといいですね!!

出典:Twitter, withnews

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ