ファミレスの会計を全て1円玉で支払い「数えろよw」高校生のイタズラに店員が見事な対応で一蹴!

DQN高校生がファミレスの会計を全て1円玉で支払って、店員を困らせてやろうという質の悪い悪戯を仕掛けました。「俺らも数えたんだから数えろよw」...しかし店員はある方法でこのイタズラを一蹴しました。スカッとする対応とは...

ファミレスの会計を全て1円玉で支払い「数えろよw」高校生のイタズラに店員が見事な対応で一蹴!のイメージ

目次

  1. 1ファミレスの支払いを全て1円玉で...
  2. 220枚以上の単一硬貨の支払いは拒否できる!
  3. 3ネットの反応

ファミレスの支払いを全て1円玉で...

硬貨というものはお店で会計を済ませる時、お札の補助的役割として添えられる場合が殆どです。特に10円とか5円、1円硬貨は端数が生じた時に使います。

ところがあるDQN高校生がファミレスの店員を困らせてやろうと企み、会計を全て1円玉で払うイタズラを仕掛けました。しかし店員は数えることなく高校生を黙らせたのです。あるツイッターがこの話を投稿して一気に広まりました。

店員さんはとても機転が聞く人ですね!1円=1gという事が頭に入ってるなんてさすがです。しかも秤まで用意してあったとはsurprise

ネット民の店員を称賛する声とDQNを非難する声...

いい知恵ん

営業妨害で社会的抹殺してやれば良かったのに

こういう糞ガキはぼっこぼこにしてトラウマ植え付けるべきだろ

拒否できるし違法だし

糞ガキをギャフンと言わせたかったんだろwww

店員に「お前」とかどうせ1人じゃなかったんだろ? 
群れると態度デカい奴は本当嫌い 友達であっても

そんなことのために何千枚も1円玉用意する高校生とか 
実在するならちょっと感心する

こういうクソガキには20枚だけは受け取って 
残りは断固拒否すべきだった

受け取り拒否 
暴れ出したら「申し得訳ありません」とか平謝りしつつ別室へ移動させ警察読んで親も呼び出し

これは華麗に対応とは言わずDQN相手に無駄な対応しただけ 
タメ口で大量の1円玉を数えろと命令した時点で通報するぞと脅してやれよ 
それがバカな餓鬼相手のまともな大人の対応だ

ファミレスでバイトしてる時にこれやられたわ 
でもレジにコインカウンターのエンゲルスがあるから
それで簡単に数えたら悔しがってて面白かったw

>俺らも数えたんだからお前も数えろ 
その場でぶん殴るわ

ミナミの帝王であったな 
拒否も出来るし、客が駄々を捏ねて営業に支障が出れば訴えて警察に逮捕して貰うのも可能 
そこまでいけば面白いのに

新品は1gだとしても、磨り減れば軽くなるし、 
ゴミが付けば重くなる。 

どっちが得したか知らないけど、 
確実にぴったりの金額じゃないことは言える。

この話10年前ぐらいに聞いたから店側でマニュアルがあるんだろ

大量の1円を1g@1枚という点に目を付けて、枚数ではなくグラムで合計額を計ったという点に知恵を感じます。実際問題としては、大量の1円をレジに収められないだろうという不便な問題が生じます。

20枚以上の単一硬貨の支払いは拒否できる!

この話のポイントは硬貨20枚以上の支払いは拒否できるという点でしょう。これは法令で定められている事ですが、少し説明が必要です。

「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」という法令でしっかりと定められているもので(「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律(法令データ提供システム)」)、該当する部分は次の通り。


(法貨としての通用限度)

第七条  貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する。


つまり現行で使用されている補助貨幣としての小銭、たとえば五円玉や十円玉は、それぞれ額面の20倍までが「法の下でその価値を認められた法貨として通用する、相手は引き取りを拒否できない」ということ。

この法令が定められている理由は、受け取り側に不便が被らない様にするためです。"額面価格の20倍"という意味は硬貨合計20枚という事ではなく、「1貨種につき」20枚までという点に注意してください。

つまり1000円の会計の場合、1円玉20枚、100円硬貨9枚、10円硬貨8枚ならOKです。

ナイス対応ですが、DQN高校生共にお灸をすえてやりたいですよねsad

ネットの反応

・怒らずに冷静に対応する店員さんの度量が凄いです。
・たしかこういうのって会計断れるはずだから断って欲しい(レストラン鬼対応)
・この高校生共、わざわざ1円を1000枚も集めたのか?
・たとえ話としては面白いが、現実的じゃないな...

機転の利かせ方としては参考になるお話だと思います。ただし、現実にこんな支払いをされたらやはり拒否し、揉めたら警察へ通報するという対応が一番でしょうか?

出典:Twitter 痛いニュース2ちゃんねる YAHOO!JAPANニュース 

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ