山口で行方不明の2歳児・よしきちゃんを発見した尾畠春夫さんが大事にしている言葉が金言!

山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳児・よしきちゃんを発見・救出した尾畠春夫さんが座右の銘にしている言葉が金言!!

山口で行方不明の2歳児・よしきちゃんを発見した尾畠春夫さんが大事にしている言葉が金言!のイメージ

目次

  1. 1山口で行方不明の2歳児を発見した尾畠春夫さん
  2. 2尾畠春夫さんはスーパーボランティアだった!
  3. 3謝礼を断固拒否した尾畠春夫さんの座右の銘
  4. 4ネットの反応

山口で行方不明の2歳児を発見した尾畠春夫さん

2018年8月12日の午前10時半ごろから山口県周防大島町で行方不明になっていた藤本理稀(よしき)ちゃん(2)。

行方不明になってから3日後の8月15日の朝、よしきちゃんを発見したのは大分県日出町からボランティアで捜索に参加した尾畠春夫さん(78)でした。

尾畠春夫さんはスーパーボランティアだった!

よしきちゃんを発見した尾畠春夫さんは、これまで様々なボランティア活動をしてきて、現場では他のボランティアから「師匠」と慕われるスーパーボランティアだったことが判明!

謝礼を断固拒否した尾畠春夫さんの座右の銘

救出したよしきちゃんの家族から食事や風呂を勧められた尾畠春夫さんは、これを断っています。

尾畠春夫さんが考えるボランティアの流儀についてこう語っています。

「対価、物品、飲食、これは絶対、頂かない。敷居をまたいで家の中に入ることもボランティアとして失格だと思っている。私はそれで良いと思うんですよ。人がどうしようと関係ない。尾畠春夫は自分なりのやり方がある。それで通しただけ」

尾畠春夫さんが座右の銘としている言葉は「かけた恩は水に流せ 受けた恩は石に刻め」。

ネットではこの姿勢に称賛の嵐となっています。

金言ですね!!

ネットの反応

・樹林のように年齢を重ねてからこそでる真実の言葉だな
・ボランティアの何たるかを知り、矜持を持っての行動。真似できません。恐れ入ります。
・マスゴミの新しいおもちゃとして扱われそうで嫌やわ
・こう言う大人に私はなりたい

「かけた恩は水に流せ 受けた恩は石に刻め」は元々仏教の言葉だとか
尾畠春夫さんは心に残った言葉を書いて家に飾っていました。

出典:COROBUZZ, NAVER まとめ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ