KEIKOと星野源が、クモ膜下出血!二人の現在の違い!何故、ここまで違うんだろう?

KEIKOさんと、星野源さん。お二人は、クモ膜下出血を患いました!お二人の現在の姿には違いがあります!何故、ここまで違うのでしょうか?

KEIKOと星野源が、クモ膜下出血!二人の現在の違い!何故、ここまで違うんだろう?のイメージ

目次

  1. 1KEIKOと星野源!お二人の回復状況の違い!
  2. 2KEIKOさんは、2011年に。
  3. 3星野源さんは、2012年・2013年の二度・・・
  4. 4二人の回復状態に、何故、違いがあるのか?
  5. 5ネットの反応

KEIKOと星野源!お二人の回復状況の違い!

KEIKOさんと、星野源さんは、お二人とも、
クモ膜下出血を発症しました。回復に向かい、努力をされています。

KEIKOさんは、2011年に。

KEIKOさんは2011年10月24日、自宅で、後頚部に激痛を訴え、
病院へと緊急搬送されました。
 

「クモ膜下出血」と診断され、手術を行い、
手術は成功し、同年12月8日に退院されています。

早期発見のお陰で、脳に大きなダメージは受けていませんでした。
しかし、後遺症で、高次脳機能障害の為、活動休止状態になっています。

夫である、小室哲哉さんによれば、
『躁鬱で言うなら躁。前向き。ポジティブ』とのこと。
『高い声の出し方を忘れた』ともされています。

星野源さんは、2012年・2013年の二度・・・

星野源さんは、レコーディング後、
2012年12月22日に、くも膜下出血と診断されました。

カテーテル手術を行う為、活動を休止しています。

「後遺症の可能性も含め、全快の可能性は低い」との、
医師から説明を受けるほど、状況は悪かったのですが、
回復し仕事復帰しました。

2013年6月ごろに検査を受けた結果、
手術箇所が、万全な状態ではなかったとのことで再発し、
治療に専念。再び活動休止となりました。

2度目の手術は、医師が難易度が高いと、
懸念されるほどの手術でしたが、
2013年9月26日、再手術が成功し退院したことを発表しました。

その後、俳優業と、ミュージシャン業にも完全復帰して、
活躍中です。

二人の回復状態に、何故、違いがあるのか?

2人とも早期発見できたにもかかわらず、
何故、回復状況に、差が出たのでしょうか?

医師

(推測の話)

​​​​​​​『出血した場所や、出血程度の差ではないだろうか?』

星野源さんの回復が、むしろ、想定外とも言えるほどの、
極めて稀な、予後の良好例と言えるのかも知れません。

ネットの反応

・病気にも程度の大小がアルだろうが!
・人それぞれに、回復する力、生命力が違うんだよな
・KEIKOは、損傷された程度が大きかったんだろう
・星野源は回復能力が優れていたんだ!

KEIKOさん、星野源さんのお二方共に、クモ膜下出血という大病を患いました。
出血程度と、出血した部位により、回復の度合いは違ってくると考えられます。

出典:まとめいく [ matomake ] , アサジョ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ