安達祐実が猛反論!「酒好きのほうが失うものは多い!」⇒酒飲みに衝撃!

安達祐実がテレビ番組で論破した!「酒好きのほうが失うものは多い!」と。この猛反論に酒飲みは驚愕!

安達祐実が猛反論!「酒好きのほうが失うものは多い!」⇒酒飲みに衝撃!のイメージ

目次

  1. 1女優・安達祐実が、テレビ番組で放り込んだ!
  2. 2お酒好きな人間の理屈と、言い切れるのかどうか?
  3. 3お酒を飲むことで、失っている物がある?
  4. 4アルコールハラスメントにも言及しています
  5. 5ネットの反応

女優・安達祐実が、テレビ番組で放り込んだ!

女優の安達祐実さんが、先月(7月)の31日、テレビ番組、
『やすとも・友近のキメツケ!あくまで個人の感想です』に出演しました。

この番組は、関西ローカル(関西テレビ)の番組ですが、
その発言が、注目を集めているのです。話題になっています。

それは「お酒が飲めない人は、人生の半分を損してる」という説に、
真っ向から勝負を挑んだからなのです。

お酒好きな人間の理屈と、言い切れるのかどうか?

お酒が飲める人から見た、お酒が飲めない人への、
一種のパワハラかも知れません。
「お酒の付き合いをしてよ」との願望も伺えます。

安達祐実さんは、病院などで、皮膚をアルコール消毒することすら、
受け付けないほどの、アルコールにたいする拒否反応があるそうです。

ご自分は、アルコール消毒ですら、皮膚が赤くなり、
拒否反応を示してしまう。そういう体質を暴露、告白しています。

お酒を飲むことで、失っている物がある?

安達祐実さんは、お酒を飲むことの、
是非を問うているのでした。

安達祐実

(酒飲まない)

「お酒を飲まないことで、飲食の支出が少ない」

「飲み過ぎて、記憶を失う人を見ると虚しい」

「飲酒で失うものだって多いはず」

安達祐実さんが、仰りたかったことは、良く伝わりました。
お酒を飲まないことで損をしていると、言われるのは面白くない。
そうではなく、お酒を飲む人だって、失うものが多いように見える。とのご意見でした。

アルコールハラスメントにも言及しています

会社にお勤めの方にとって、
アルコールのお付き合いを強制されるのは、アルコールハラスメントです。
略して「アルハラ」とも言うようですが・・・

つまりは、仰りたいことの行き着く先は、
お酒が飲めない人間も居るんだから、それは、お互いに尊重しましょう。
そういう事になるのではないかと、考えたりもするところです。

ゆとり世代という、言葉が出てきて、
30年ぐらいが経つのではないでしょうか?

お酒を飲むことを、上司から誘われたときに、
断ることは、昔の世代の人間にとっては、考えられませんでした。

ではありますが、現在は、飲み会の誘いを断るのも、
自由意志に任されているようです。それがいいのか悪いのか?

安達祐実さんの、アルコールハラスメントにつながるご意見は、
そのような問題を含んでいると感じました。

ネットの反応

・安達祐実の言ったことは正しいよ!
・飲めない人間が、損しているというのは違うんだよな
・飲める人間には、飲めない人間が理解出来ないだけなんだ
・永遠に、この二つの人間の間の溝は埋まらない気がするけどね

お酒が飲めない人間がいる事を、理解しなければいけません。
安達祐実さんのお考えを尊重し、今後の社会生活を考えていただきたいものです。

出典:まとめいく [ matomake ] , 独女 [DOKUJO]

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ