札幌ドームで長年グランドキーパーを勤めた女性の退職日。日ハムが用意した感動のサプライズとは

長年グランドキーパーとして球場やチームに貢献してくれた女性の退職日に、日ハムがサプライズ・セレモニーを用意し本人は大感激、観客も裏方を大切にする日ハムと主役の女性に万雷の拍手を送りました。

札幌ドームで長年グランドキーパーを勤めた女性の退職日。日ハムが用意した感動のサプライズとはのイメージ

目次

  1. 116年間札幌ドームのグランド整備を務めた工藤悦子さん
  2. 2試合開始7時間前に球場入り 全ては選手がいい試合を出来るように
  3. 3日ハムが用意したサプライズ・セレモニー
  4. 4ネットの反応

16年間札幌ドームのグランド整備を務めた工藤悦子さん

工藤悦子さんは、日本ハムの本拠地移転前から16年間札幌ドームのグラウンド整備を担当してきたベテランです。8人いるグラウンドキーパーの中で一番の古株の人でした。明るい笑顔で、いつも元気に関係者に挨拶する姿は誰からも好感をもたれていました。

工藤さんは北海道鹿追町出身。グラウンド整備を始めるきっかけは、札幌ドームでサッカー場管理のパートを始めたことからでした。

その後、施設部施設管理課の職員となり、野球グラウンドを担当した。日本ハム移転当初は、トンボのかけ方がわからず、横で見ていた選手からトンボを奪われたことも。「野球を知らなかったし、未熟でした」と苦笑するが、持ち前の好奇心で技術を磨いた。

試合開始7時間前に球場入り 全ては選手がいい試合を出来るように

工藤さんはいつも試合開始の7時間前から球場入りしていたそうです。恐らくプロのグラウンドキーパーは工藤さんに限らずそうする必要があるのでしょう。

なぜなら土の配合が選手にとって違和感無くマウンドやブルペンに立てるか、非常に関連があり重要だからです。

いつも「選手が怪我なく活躍できるように」と願いながら、試合開始の7時間前に球場入りして整備にあたる。土の配合をテストしながら最適なアンツーカーの硬さを研究したり、マウンドとブルペンが全く同じ状態になるように細心の注意を払うなど、チームのために尽くしてきた。

日ハムが用意したサプライズ・セレモニー

日ハムは粋なサプライズを用意しました。名物グラウンドキーパーの“引退式”は3月31日、札幌ドームで行われました。

日本ハム対西武戦の5回が終了した時だった。この日限りで定年退職する工藤悦子さん(65)がいつも通りトンボを持って一塁ベース付近に登場すると、オーロラビジョンに矢野謙次外野手と田中賢介内野手による感謝のメッセージが流れた。

ドームのスクリーンに矢野選手と田中選手の姿が映り、工藤さんへ感謝のメッセージが流れたのです。これには工藤さんはもちろん、観客も驚きと同時に感動が広がりました。

「工藤さんに会うことは、楽しみの1つでもありました」

「俺たちを支えてくれて、本当にありがとうございました」

選手たちから如何に工藤さんが感謝されていたかが伝わるメッセージです。

裏方の人々も大切にし、こんな素敵なサプライズを用意した日ハムに感動の声が上がりました。

・「どんなスポーツでも、裏方スタッフを大切にして下さるのは嬉しいし、大切なこと」

・「裏方さんの引退をちゃんと送り出す日ハムが凄く好きになった」

工藤さんは4月1日に対西武戦を初めてスタンドから観戦し、日ハムグッズを身に付けて、精一杯声援を送ったそうです。

日ハムのチームの絆が感じられるエピソードでした!

ネットの反応

・素晴らしいサプライズ!涙腺崩壊ものだな
・日ハムを応援したくなった
・グラウンドキーパーの重要性が少しでも世間に伝わったらいいね
・肝心の試合はハムが負けちゃったのが残念

こういうほっこりするエピソードは心が温まって良いですね。工藤さんはこれからも札幌ドームで日ハムに声援を送ってくれることでしょう。
 

出典:LivedoorNEWS grape corobuzz YouTube

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ