【ゆとり、怖い】「二千円で人数分、普通の牛丼買ってきて」⇒ゆとり新卒社員「はい!」その結果・・・

二千円で人数分の、牛丼(普通のを頼んだつもり)買ってきてと、ゆとり新卒社員に頼んだ結果・・・

【ゆとり、怖い】「二千円で人数分、普通の牛丼買ってきて」⇒ゆとり新卒社員「はい!」その結果・・・のイメージ

目次

  1. 1ゆとり教育、恐るべし!
  2. 2先輩が、新卒社員に買い物を頼んだのが始まり
  3. 3買い物から帰った、ゆとり新卒社員は・・・
  4. 4特盛り買って、得意げな新卒くん(ゆとり世代)
  5. 5ネットの反応

ゆとり教育、恐るべし!

ある会社での出来事です。世の中では、先輩になると、
「近頃の若いものは・・・」という嘆きが定番です。

世代に違いを感じるのが、悲しいと言いますか、
絶対に起こることなのです。行き違いも生まれます。

そんな世代間では、常識が違うという話です。
当たり前と思っていることが、
相手にとっては、当たり前では無いという事なんです。

先輩が、新卒社員に買い物を頼んだのが始まり

先輩格の社員が、新卒社員に、買い物を頼みました。

先輩格社員

(当たり前?)

「おい、新卒くん。2000円渡しますから、
これで普通の牛丼を人数分(4人)買ってきて」

ただし、買い物を頼んだのが、
新卒社員。この新卒くんは、ゆとり世代だったのです。

新卒社員

(ゆとり世代)

「はい、分かりました。」
(そう言って、出て行った)

ゆとり世代だからと言って、
これぐらい問題ないだろうと、待っていたのが、先輩社員さん。

買い物から帰った、ゆとり新卒社員は・・・

先輩から、ものを頼まれて、
それに答えるのは、嫌ではなかったので、喜んで帰ってきたのが、
新卒社員くんでした。ただし、この新卒くんは、ゆとり世代だったんです。

このゆとり世代新卒社員くんは、
スポーツ部に所属していたのかも知れません。

何と、普通盛りを頼んだつもりが、
特盛りの牛丼を買ってきたのです。

先輩社員は、唖然としました。
だって、特盛りは、4人分なら、2000円では買えません。

特盛り買って、得意げな新卒くん(ゆとり世代)

笑顔で、牛丼の買い物について、
話し出したのが新卒社員くんです。

新卒社員

(ゆとり世代)

「先輩、普通の牛丼って、
 僕の普通は、特盛りが普通盛りです。」

「特盛りを4人分買うと、2000円を超えました。
ですので、私が立て替えておきました。」

新卒社員の当たり前と、
先輩社員の当たり前は、牛丼の盛りについては、大きく違ったのでした。

育った環境や、思い込みというもので、
「当たり前の普通は、万人に共通していない」と言うことです。

ネットの反応

・単なる、勘違いやろう!
・新卒くんに罪はないよ。
・自腹で立て替えただけ、融通が利く新卒社員だよな
・こういう、新卒社員は、先輩に愛されると思うぞ!

普通盛りの牛丼を頼んだつもりが、特盛り牛丼を買ってきたのです。
念押しをしなかった、先輩社員さんにも少しは責任がありそうですね。

出典:2ちゃんねる , 稲妻速報

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ