あれから30年!伝説の映画『ビー・バップ・ハイスクール』出演者たちのその後は・・・

不良のバイブルと言われた漫画『ビー・バップ・ハイスクール』の映画に出演した役者たちのその後がこちら!

あれから30年!伝説の映画『ビー・バップ・ハイスクール』出演者たちのその後は・・・のイメージ

目次

  1. 1『ビー・バップ・ハイスクール』出演者たちのその後
  2. 2ネットの反応

『ビー・バップ・ハイスクール』出演者たちのその後

1983年から2003年まで、週刊ヤングマガジンに連載されたきうちかずひろ作『ビー・バップ・ハイスクール』は“不良のバイブル”とも呼ばれ大ヒットしました。

ツッパリ留年高校生コンビ、ヒロシとトオルがケンカや恋に明け暮れる高校生活を描いたこの作品は1985年から映画化され、これも大ヒット。シリーズ全6作が作られました。

●ビー・バップ・ハイスクール (1985年)
●ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌 (1986年)
●ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲 (1987年)
●ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲 (1987年)
●ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭 (1988年)
●ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇 (1988年)

マドンナ・泉今日子役の中山美穂が歌う主題歌『BE-BOP-HIGHSCHOOL』もヒットし、主演を務めた清水宏次朗・仲村トオルも一躍有名になりました。

あれから30年、出演者たちの現在がこちら!

中間徹役:仲村トオル

映画の主役オーディションに応募し合格、この『ビー・バップ・ハイスクール』がデビュー作となり芸能界入り。

合格の決め手の一つは本名の「中村亨」が似ているということ。決定打は原作者のきうちかずひろが「自分がおもい描く“中間徹”にイメージがピッタリ」と言ったことだとか。

映画の主演でブレイクし、『あぶない刑事』シリーズや『チーム・バチスタ』シリーズなどに出演するなど大物俳優となりました。

加藤浩志役:清水宏次朗

高校時代に竹の子族で踊っていたところをスカウトされ、アイドル歌手としてデビューしていた。『ビー・バップ・ハイスクール』の出演で俳優の道へ。

その後はVシネなどに出演しているが、2014年からは更年期障害で突然倒れたり手足の震えが止まらなくなるなど、病気に悩まされているとか。

泉今日子役: 中山美穂

マドンナ役として出演し、映画第1作の主題歌もヒット。その後は女優としても大活躍なのは言うまでもありません。

2002年にミュージシャンで小説家の辻仁成と結婚しフランスへ移り住みましたが、2014年に離婚。また女優として仕事を増やしているようです。

三原山順子役:宮崎ますみ

2005年に乳がんがみつかりそれを克服しますが、2007年に離婚。現在は株式会社ヒプノウーマンの代表取締役として活動しています。

兼子信雄役:古川勉

トオルとヒロシの押しかけ舎弟。『極道の妻たち』シリーズなどにも出演していますがその後、芸能界を引退。

引退後は千葉県銚子市で保険会社に勤務し、2007年度は銚子商工会議所青年部会長を務めていました。

横浜銀一役:八巻保幸

巨大なリーゼント頭が特徴的なトオルとヒロシのクラスメイト。その後は芸能界を引退して、現在はダンプの運転手をしているとか。

赤城山忠次役:小林啓志

転校でクラスメイトになる赤城山は前の学校ではいじめられっ子でケンカは弱い。芸能界引退して現在は内装業をしているそうです。

菊永淳一役:石井博泰

県立立花商業高校のナンバー1で通称「菊リン」。横浜の暴走族にも所属していたとか。『極道の妻たち』シリーズなどに出演しますが、トラック運転手として働きながら、雑誌やイベントに登場したりキャットファイトに参戦するなど活躍しています。

前川新吾役:小沢仁志

私立戸塚水産高校の極悪兄弟の兄・通称「へび次」。その後は主にVシネで活躍。最近は弟の小沢和義とともにバラエティ番組で見かけることも増えています。

藤本テル役:白石光浩

城東工業のナンバー2、テルは「シャバい、シャバい」「ボンタン狩り」など名セリフが多いキャラクターでした。

芸能界を引退した現在は、自営業を営んでいるそうです。

如月翔子 役:五十嵐いづみ

『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲』のヒロイン役で映画デビュー。

2001年までは女優として多くのドラマ・映画に出演していましたが、2001年を最後に出演が確認されていません。

あれから30年になるんですね!懐かしすぎます!!

ネットの反応

・仲村トオルは本当に出世したなー
・清水宏次朗は仲村トオルと現場で合わなかったらしいねw
・最近じゃ小沢仁志が一番目立ってる
・ボンタン狩り懐かしいなーw

不良のバイブルと言われて大人気だったので
当時真似をしていた人は多かったのではないでしょうか?

出典:ビジネスジャーナル, Middle Edge

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ