【修羅場】電車内で超絶美少女を見かけた日から、豹変した彼氏。彼氏「ブスなお前とは別れる」私「OK」→しかし修羅場に巻き込まれる・・・

電車の中で超絶美少女を見かけた日から、豹変した彼氏は彼女を罵倒するようになり、別れることに。しかし別れたはずなのになぜか修羅場に巻き込まれた彼女は・・・

【修羅場】電車内で超絶美少女を見かけた日から、豹変した彼氏。彼氏「ブスなお前とは別れる」私「OK」→しかし修羅場に巻き込まれる・・・のイメージ

目次

  1. 1電車内で目の覚めるような超絶美少女を見かけた彼氏は・・・
  2. 2彼男から別れ話
  3. 3私子と別れてからの彼男は・・・
  4. 4ストーカーと化していた彼男
  5. 5その後の顛末は・・・
  6. 6ネットの反応

電車内で目の覚めるような超絶美少女を見かけた彼氏は・・・

修羅場というべきなのかわからないけど・・・

私子:中肉中背ひたすら美人ではない
彼男:高身長、一般人としてはイケメン
可愛子:その辺のアイドルより可愛くて綺麗
友子:可愛子の友人で美人系
化粧子:私子の友人で顔面詐欺師

ある日、彼男と私子が電車に乗っていたら車内で目の覚めるような超絶美少女が乗っていた。

女の私でも一目惚れしそうなほどの可愛さで、車内の男性たちの目は彼女に釘付け。当然、私の彼氏だった彼男も同じ。

まさに目の保養ってやつで、彼男と一緒に帰る途中でも「綺麗だったね~」とか話していた。

でも彼氏はその日から豹変して、私子の容姿を責め立てるようになってしまった・・・

なんでロングヘアじゃないんだ。
なんで髪がこんなに太いんだ。
もっと細くてサラサラじゃないなんておかしいじゃないか。
なんで色がこんなに黒いんだ。
なんでお前はタレ目ぎみなんだ。
なんで奥二重なんだ、二重に見えないじゃないか。

自分でも美人じゃないと自覚はあったけど、ここまで責められるいわれはない。

でもテレビに女優さんやモデルさんが登場する度に、私子を見て彼女たちと比較して責める責める・・・

流石に堪忍袋の緒が切れた私子は、遂に彼に

「なんでそんなこと言うの?そんなに言われたら私だって傷つくよ!」

と怒ると、彼男はこう言い放った

「あ~あ、開き直りかよみっともねぇ。自分のブス度棚に上げて。俺って不幸だよな。
外見悪いはそれ反省しないは、中も外も最低女とくっつけられて。」

この言葉に私子は開いた口がふさがらなくなってポカーンとしてしまった。

というのも、元々彼男はDQNとは縁遠いタイプで、むしろ優しい穏やかな男性だったから。

それがここ数日の豹変ぶりには、別人に入れ替わったのかとしか思えないほど。

それからは、元の彼男に戻って欲しいという気持ちと、あれが本性ならもう無理という気持ちで揺れ続けていた。

彼男から別れ話

するとある日、彼男が「別れる」と言ってきた。好きな子がいるから、と。

その好きな子とは、あの日電車の中で見かけたあの美人の可愛子だった。それを聞いて私はあの子が相手ならしょうがない、と納得した。

心が揺らいでいたこともあって、未練はすぐに消え去った。そして同時に思ったのは

「彼男に可愛子は無理じゃね?」

ということだった。暴言を吐きながら醜く顔を歪ませる彼男の本性を見てしまったからだと思う。

しかし、私は心で思っただけでなく、うっかり口に出してしまったようだ。

次の瞬間、彼男に襟首を掴まれた私子は、ファーストフード店の壁に叩きつけられてしまった。瞳孔が開いた目ってのを生まれて初めて見たように思う。

別れ話を二人っきりの場所じゃなくファーストフード店でして正解だったな・・・

とか思いながら意識が薄れていったのは覚えてる。長い間気を失っていたわけではないが、次に記憶があるのは、ファーストフード店の店員が倒れた椅子やテーブルを片づける傍らで、見知らぬ女性に介抱してもらっているところだった。

彼男がいつ店を去ったのかは記憶にない。これが電車で可愛子を見てから一週間後のこと。

私子と別れてからの彼男は・・・

私子と別れてフリーになった彼男は、すぐに可愛子に告白するのかと思いきや、毎日同じ電車に乗るだけ。

堂々と付き合えるフリーの立場になったはずなのに、夢見た可愛子とのラブラブな日々は待てど暮らせど実現せず。

それどころか自分の存在すら認識してもらえない日々が続き、その愚痴が人づてに私の耳にまで入ってくる始末。関わりたくないので何もしなかったけど。

それからほどなくして、可愛子ほどじゃないものの美人の女の子・友子に声をかけられた。

見知らぬ友子から話があると言われ、お茶くらいならいいかと気楽に思って付いて行くと・・・

「あなたの彼氏のせいで私の友人が迷惑をしています。痴話げんかに巻き込まないでください」

と言われた。彼男と別れてからフリーの私には心当たりはないので

「いやいや、彼氏なんていませんよ。つか募集中」

と返すと、友子は一瞬驚いた顔をしてからしばらく考え込んで

「そうですか、いろいろ確かめた方がいいかもしれませんね。突然すみませんでした」

と言って席を立った。お店の支払いをしてくれてたのはラッキーと思っておいた。

その夜、いきなり彼男からメールが来た。

「お前、友子ちゃんに何告げ口してんだよ!」

その時はまだ今日あった女の子の名前を聞いてなかったので、意味がわからなかった。

「友子って誰?告げ口って何?あんたなんかやらかしたの?」

と返信すると、やっと色々なことがわかってきた。

彼男「友子ちゃんは可愛子ちゃんの友達だよ」
私子「可愛子ちゃんって?」
彼男「可愛子ちゃんっていったら可愛子ちゃんだよ!俺の天使(←マジで言った)だよ!」
私子「へ~。あのすっごく綺麗な子って可愛子ちゃんって名前なんだ」

ここでやっと電車の超絶美人が可愛子で、今日声をかけてきたのがその友達の友子だと理解した。

彼男「なんで今頃名前知ってんだよ」
私子「仕方ないじゃん。一度電車で見かけただけの知らない人なんだから」
彼男「なんで知らないんだよ。あんなに可愛いのに。あの子のことを考えるだけで俺頭がおかしくなりそなくらい好きなのに!」

知らんがな・・・と思うと同時に、彼男が憐れに思えてきた。ファーストフード店でされたことは忘れてはないが、それ以上に可哀そうに思えてしまった。関わりたくはないが。

一人でこんな話を抱え込むのも嫌だから、彼男とは関わってない友人たちに酒の肴・話のネタとして提供したら多いのほかウケて心が軽くなった。おかげで彼男は有名人になってしまったが。

ストーカーと化していた彼男

後で友子から聞いた話だけど、私子と別れてから、彼男は可愛子のストーカーと化していったようだ。

彼男が可愛子が好きだという話は自分で言っていたからすぐに友人たちに知れ渡り、

「なあ、彼男の好きな子ってバリ可愛いんやって?」

と彼男に言ってくる人もいた。するとそれをどう脳内変換したのかわからんが

「俺と可愛子ちゃんがいつの間にか公認の仲!」

となった彼男は、ストーカー行動をエスカレートさせていったらしい。

自分からは絶対アプローチせず、基本待ち姿勢で、可愛子ちゃんがいつでも自分の胸に飛び込んでこれるように近くにいる。

電車内ですぐ近くで待機するだけじゃなく、帰り道でも少し離れた後ろで寄り添うように待機。ボディーガードを兼ねたナイトのつもりらしい。

むろん、可愛子ちゃん自身には何も言わずに・・・

恐怖を感じた可愛子は友達の友子に相談。意を決して昼間の人が多い時に駅の中で彼男と対峙したらしい。

しかし彼男から返ってきた答えは、頭が痛くなる言葉だった・・・

自分は可愛子ちゃんを守っているだけ、彼女の気持ちを尊重して何も言わないでいる。
可愛子ちゃんがそんなに俺を気にしていたんだったら、迷わず胸に飛び込んできたら良かったのに。

とにかく付きまとうな、と友子が彼男に宣言すると

「これもそれも全部私子が悪い」

と彼男が言い出した。私子が冷たいのが悪い、私子が最低女なのが悪い、私子が理不尽なのが悪い・・・と。

最初は彼男の言葉を信じていなかったが、ストーカー行為が止まないので私子のところに来たということだった。

しかし私があっさり否定したので、友子は警察に行くよう可愛子に勧めたが、可愛子はこれを嫌がった。

可愛子がストーカー被害に遭うのはこれが初めてのことではなく、過去に何度も警察に相談したら

こんなにストーカーされるってあなたに原因があるんじゃ?

と言われ、それ以来警察不信になってしまったらしい。

しょうがないので、友子は私子を含めて関係者を集めて話し合おうと可愛子に提案。私子は関係ないのだが、彼男があまりに私子の名前を出すから勝手に関係者にされてしまった。

結局、彼男と可愛子と友子の話し合いの席に私子も呼び出されることになった。

全く乗り気じゃなかったが、友子にお茶代出してもらったこともあったし、気になっていたので行くことにした。ただ、一人じゃ不安なので友達の化粧子にも一緒に来てもらうことにした。

化粧子は美人ではないが、自称「顔面詐欺師」、周囲からは「特殊メイクのプロ」と言われるほどの化粧上手な美人。

話し合いの場では、可愛子、友子、化粧子と3人の美人に囲まれて彼男は嬉しそうだった。一人は偽物だが・・・

私子だけのけ者にされてる感覚があったが、そんなことはおかまいなしで話し合いは進んだ。

友子「可愛子に付きまとうの止めてあげてください」
彼男「付きまとってるんじゃないよ。守ってるだけ」
可愛子「守っていらないので止めてください」
彼男「いやいや守らないと。でないとここにいる最低女の私子が可愛子ちゃんに何をしでかすか分からないから」
私子&化粧子「???なんでここで私子が関係してくるの??」

彼男の脳内で私子が関係してくる理屈はこうだ

周囲で彼男と可愛子ちゃんが公認の仲になり有名になりすぎてしまった。
それを聞きつけた元彼女の私子が嫉妬に狂って可愛子ちゃんに危害を加えるかもしれない。
いや加えるはず。
こいつはそういう最低な女。
外見が最低なだけでなく、中身も最低。
付き合っていた俺だからこそよく知っている。

呆れるばかりの論理だが、彼男を説得するための話し合いは続いた

化粧子「私子は彼男に未練がないのになんで嫉妬するのよ?しかも彼男って可愛子さんと付き合ってないみたいだし」
彼男「これから付き合うんだよ!そのための障害を取り除くために俺は努力してるんだよ!」
友子「なんで可愛子が彼男さんと付き合わなくてはいけないんですか」
彼男「好きなんだ。どうしようもなく好きなんだ!」
可愛子「お付き合いする気は申し訳ないけどないです」
彼男「本当に好きなんだよ。信じてくれ。愛してると言ってもいいくらいなんだ!付き合えないと俺おかしくなってしまうくらいだよ!」
私子「とっくに既におかしいじゃん、何もかも」
彼男「うるさい。可愛子ちゃんが可愛いからって嫉妬して俺たちを引き裂くつもりだろ。そうはいかないぞ」
私子「・・・はあ・・・?」
化粧子「引き裂く以前に付き合ってないって言ってるよ可愛子さんは」
彼男「そ、それは・・・まだ出会って間もないから照れてるだけだ!」
可愛子&友子「・・・・・」

可愛子と友子は言葉を失ったようだった。

彼男「大丈夫、一生守って見せるよ」「必ず私子をやっつけてみせる」「俺を信じて!」
私子「やっつけるもなにも関わりたくない。彼男、あんたなんか要らん。人の外見けなす男は要らん」
彼男「自分の責任をすぐ人になすりつけるんだな。相変わらず根性悪い女だ。可愛子ちゃん、見ました?こいつこういう女なんですよ。
ブスのくせに。ブスのくせに。ブスのくせに」
可愛子「・・・最低なひと」
彼男「ほーら、聞いたか?私子!こんな美人に最低な人間って言われた気持ちはどうだ?どんな気持ち?ん?ん?ん~?」

生まれてこの方、これほどブスと連発されたのは初めてだった。小学校の時ですらここまでは言われてない。

到底美人とは言えないことは自分が一番よくわかってるけど、どうしてここまで彼男に言われなきゃならないのかと思うと涙が出てきた。

友子「可愛子が最低って言ったのは彼男さん、あなたのことです」
可愛子「彼男さん、最低です」
化粧子「あんた 頭おかしいんじゃないの?」

後で思ったのは、彼男は私を貶めることで私子に未練がないということをアピールして、可愛子を持ちあげて口説いてるつもりだったのかもしれない。

ところが可愛子はドン引きして全て裏目に出た。

化粧子「おかしい奴といくら話しても無駄。行こう私子。もう私らに関わるな」
私子「あんたに未練なんかないよ。むしろ別れて良かったと心から思ってる」

こう言い放って化粧子と私子はお茶代5人分足りるお金を置いて店を出た。

可愛子と友子も追いかけるように店を出てきて、その後は4人でカフェでお茶をして仲良くなった。

その後、彼男からはメールが来た。

「なんで俺と別れて良かったなんていうんだよ。俺達上手くやってただろ?あんなに仲が良かったじゃないか!」

はぁ?まさか復縁でも迫ろうと思っているのか?と思ったら次のメールで怒ってるだけだとわかった。

「別れて良かったなんて前彼女のお前がそんなこと言ったら、可愛子ちゃんから俺が最低男って思われちゃうじゃんか!」

その後の顛末は・・・

その後、可愛子や友子と仲良くなった私子と化粧子は4人で遊びに出かけることがあったけど、その時も彼男は跡をついてきてたらしい。

それどころか、私にこんなメールを寄越すほど正気とは思えなかった。

「可愛子ちゃんとの仲を橋渡しして」

このことは酒の席での笑い話にはしていたけど、彼男の友人には教えてなかった。さすがに同性の友人には知られたくないだろうと思っていたから。

しかし男同士なら納得してくれるかと思って、彼男の男友達に大雑把なあらましを話した。

すると彼男は

可愛子ちゃんを狙うライバルが増えた!

と思ったらしい。実際、彼男の友達のうち2人が可愛子を本気で好きになった。

すると、彼男と友達2人の間で可愛子ちゃんに勝手に抜け駆けしない協定が出来たらしく可愛子の身辺は静かになったそうだ。

その後の可愛子ちゃんはというと、10歳年上の会社経営者のイケメン彼氏が出来て婚約した。

友人として婚約パーティにお呼ばれした私子はローストビーフを好きなだけ食って満足した。

一方の彼男は、可愛子の婚約相手のスペックを知った途端、いきなり正気に戻った。男のヒエラルキー意識はすげえぱねぇな、としみじみ思った。

彼男からは

「あのころの俺は」
「魔女にだまされて」
「女は外見じゃないよ(ミャハ☆)」

みたいなメールが来てた。

友子と化粧子は、可愛子の彼氏との繋がりで知り合った高スペック彼氏が出来たが、私子は相変わらずで、化粧の腕も上達しないままの非モテ女一直線だ。

彼男がアホすぎwww

ネットの反応

・男が基地外レベルだなw
・釣り合い取れると本気で思ってたんだろうか?
・最後は社会の仕組みを教えられたかwww
・彼男最低ゴミすぎる

ストーカーになる人の脳内とはこういうものなのでしょうか?
これでは何を言っても理解してもらえそうにないですね・・・

出典:鬼女の宅配便, 〇〇話ちゃんねる

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ