神聖なる高校野球でゲスすぎるルール違反が発覚!これは大会存続危機に関わる問題

2016年の第88回選抜高校野球大会でサイン盗み疑惑事件が勃発!審判が二塁に駆け寄り、ランナーに指摘するシーンが衝撃的です。問題のシーンの動画あり

神聖なる高校野球でゲスすぎるルール違反が発覚!これは大会存続危機に関わる問題のイメージ

目次

  1. 1サイン盗み騒動とは
  2. 2食い違う双方の言い分
  3. 3サイン盗みの秀岳館監督の評判
  4. 4ネットの反応

サイン盗み騒動とは

高校野球といえば選手たちの真摯なプレーが、人々の心に訴えるアマチュア野球の理想形として日本では昔から人気があります。

しかし、そんな高校野球史に汚点を残しかねない”サイン盗み事件”が、第88回選抜高校野球大会の1回戦、秀岳館(熊本)対花咲徳栄(埼玉)戦で起こったのです。

“事件”は5―1と秀岳館リードで迎えた4回、秀岳館の攻撃中に起きた。二死二塁で金丸球審が試合を止めて「セカンド!」と叫び、二塁走者・木村(3年)に歩み寄って注意。木村の腰に手をやる動作が打者に何らかの伝達をしていると疑われたもので、ベンチの鍛治舎監督にも「紛らわしい行為はやめるように」と指導した。

そのシーンが動画に残っています。少し画面が小さいですが、審判は走り寄った様子が分かります。

高野連は紛らしい行為はしないようにという注意の意味で、球審が走者とベンチに注意したと話しました。しかし秀岳館の”紛らわしい行為”は1回だけでは無かったのです。

日野大会審判副委員長も「3回に金丸球審の方から『走者が打者に動きで教えているんじゃないかと見られる疑いがある』と言ってきた。4回にやっぱり、おかしいということで走者のところに行った。あくまで確証ではなく、疑いがあるから変な動きはやめよう、ということ。(腰や耳への)手の動きですね。何人か(いると)言っていました。クセになっているのか知らんけど、クセはクセでも疑わしいのはダメ」と説明した。

食い違う双方の言い分

この疑惑行為を廻って秀岳館と花咲徳栄の言い分は真っ向から対立しました。

秀岳館の言い分とは

疑惑の当事者となり、球審から注意を受けた秀岳館の2累ランナーとバッターは、当惑しながら身の潔白を主張しました。

いきなり疑惑の当事者となった木村は驚きを隠せない。「セカンド!って言われたんで守備の人かと思ったら自分のことだった。ユニホームが滑るので、それ(上着)を(ベルトの内側に)押し込んでいた。一度だけです。そのタイミングを見られてしまった。サインを送っているように見えると…。バッターにサインは送っていません。無意識にいつも(手を)入れているんで次から注意しないといけません」と“潔白”を主張。打席に立っていた原田(3年)も「二塁走者なんか見ていない。注意? 気にしていない。やってもないことを疑われるのは…」と表情を曇らせた。

花咲徳栄の言い分とは

花咲徳栄側も黙っていません。4回の騒動より前に既に花咲徳栄の選手たちはおかしいと疑っていたのです。

収まらないのが花咲徳栄サイドだ。実は4回の、その場面にいたるまでもナインはクビをかしげていた。ある選手は「初回から(秀岳館の)打者の目線が一塁の方や二塁の方にあちこち動いていた。これは警戒しないといけないと思っていた」と木村以外の選手の動きに疑惑の目を向けており、金丸球審にも伝えていたという。

「まさかと思った。こんなことやるんだ、と…。腰に手をやるジェスチャーが怪しいじゃなくて、明らかでした。それまで当てに行っていたバッティングが、二塁に走者が行くと、いきなり初球からタイミングが合ってフルスイングになる。迷わずにフルスイングするから“おかしいんじゃないか”と話していたんです。最初にベンチにいる選手が気づいてバッテリーに伝わり、審判に伝えてもらいました。ショックですね」(ある選手)

花咲徳栄チームの言い分はかなり具体的に確証を話していました。怒りが相当激しいことも伝わります。チーム全員が何度も錯覚する訳はないので、これは秀岳館側の確信犯的行為と言って良いのではないでしょうか?

サイン盗みの秀岳館監督の評判

ところで秀岳館の鍛冶舎巧監督のコメントが気になります。”選手に疑われるような行為をするなと日頃から注意していた”とまるでサイン盗み行為は選手に責任が有って自分は関係ないと言わんばかりだったのです。

鍛治舎監督も「フェアプレーは大事なこと。紛らわしいことはやっちゃいけないと言ってきている。厳しく注意して反省します。コースを教えているんじゃないか、と見えてもダメなんです。腰を触る? 僕は見ていない。(走者を)代えようと思ったが、教育の一環なんで代えたらかわいそうと思った」と神妙な面持ちで話した。

この言い分は多くのネットユーザーの反感を買いました。「サイン盗みをしていれば監督も分かるはず。審判だって気付いてるのだから。それを選手の責任にして自身の責任逃れしている監督って教育者としてどうなの」という意見に代表されます。

秀岳館の鍛冶舎巧監督は”パナソニック社員時代、1万人の首切りを推進した人

監督の鍛冶舎氏も元高校球児、松下電器産業(現パナソニック)で社会人野球の外野手として活躍します。現役引退後、ボーイズリーグの指導者、NHKの高校野球の解説も長年勤めました。

そしてパナソニックでは中村邦夫社長(当時)にひたすら取り入り、何と専務(広報担当)にまで出世します。鍛冶舎氏の役員時代の傍若無人ぶりが何かと評判が良くないのです。

中村邦夫相談役が社長時代に労政部長を務め、1万人のクビ切りを断行した。その時リストラされた従業員が大阪市内のビデオ店で放火し、大勢を死なせて死刑判決を受けている。労政部長の後は広報部長に転じ、中村氏にゴマをすり続けて専務(広報担当)にまで出世した御仁である。

 役員時代の鍛冶舎氏は、批判記事が出ると、広告をちらつかせながら新聞社や出版社に圧力をかけ、人事にまで介入し、現場の記者からは蛇蝎のごとく嫌われていた。そして、「社内では立場の弱い人にはとことん強く、立場が強い人にはすぐにひれ伏し、言うことをコロコロと変え、自分の世渡りの事しか頭にないため、部下からも軽蔑されていた」(関西財界筋)そうだ。

鍛治舎氏は中村社長が退いた後、津賀一宏社長には得意のゴマすりは通じず、専務から運動場の管理人という究極の左遷を味わい、高校野球の監督に転身してきた人物だったのです。

勝つためには手段を択ばない鍛治舎氏の方針の犠牲者になったのが秀岳館野球部の生徒たちだったのではないでしょうか?たとえこの時の試合は勝ったと言えど、未だにネットを賑わせているのですから。

高校野球の監督になるべきではない人のせいで、心に汚点を残してしまった人達が少なからずいたのです。

ネットの反応

・昔逆にこれやらなくて監督に殴られたんだよ俺
・試合見てたけど完全にやってたぞ!
・専務から運動場の管理人ってジェットコースター人事だな、パナソニックって凄いわ
・確かに鍛治舎監督のコメントには部員たちは腹立っただろう

例えきれいごとと言われようと高校野球は清廉潔白でないと純粋に見る気が無くなりますよね。サイン盗みはプロ野球でも禁止されています。ましてや高校野球はアマチュアですから...

出典:YouTube  東スポweb  Business Journal

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ