警察から『ご家族が事故で亡くなりました。』との連絡、で退職!⇒慰謝料2億超の現実に驚愕!

警察から「ご家族が事故で亡くなった」との連絡を受け、退職した男性⇒慰謝料2億円超!涙が止まらない!

警察から『ご家族が事故で亡くなりました。』との連絡、で退職!⇒慰謝料2億超の現実に驚愕!のイメージ

目次

  1. 1ご家族を交通事故で失った方のお話
  2. 2男性には、当日、胸騒ぎがありました。
  3. 3原因は、居眠り運転のトラック
  4. 45名の命の値段が、2億円だった
  5. 5ネットの反応

ご家族を交通事故で失った方のお話

ある男性の数奇な運命です。翻弄された人生を告白されています。
そのお話は、男性が、会社の人事で、離れた地方に移動することから始まってます。

会社の事情で転勤することになりました。
一ヶ月ほど先に、男性だけが、先行する形である地方に行きました。

一ヶ月後に、奥様と、お子様などが、
その転勤先へと合流すべく、乗用車で向かっていたのです。

奥様と、娘さんが二人。奥様のお父様。
そして、この男性のご両親が、同乗して、転勤先へと移動していたのです。

男性には、当日、胸騒ぎがありました。

男性は、先行して転勤先へとついていましたし、
そして、一ヶ月後に、奥様と娘さん(二人)、奥様のお父様、
男性のご両親の、6名が一台の乗用車で、転勤先へと移動中のことだったのです。

娘さんは、お二人でした。
下の娘さんは、幼く、一歳という年齢だったと言う事です。

この先は、あまりにも、不幸な話なので、
書いていくことに忍びない内容になります。

その日、奥様たちの一行が、転勤先へと来る日のこと。
何故だか、予定を大幅にすぎていたのに、到着しません。

その時、警察から連絡がありました。
何と、大きな交通事故に遭遇してしまったとのことでした。

管轄の警察

(報告担当)

「緊急事態です!一刻も早く来て下さい!」

どうにか、駆けつけた男性が見たものは、
包帯で、グルグルと巻かれていた、下の娘さん(一歳)だったのです。

追い打ちをかけるように、
「身元の確認をお願いします」と、警察から促されました。

その遺体の霊安室で目にしたものは、
大きな白い布で覆われていたものが3体。小さな白い布が一つ。
合わせて、4つの遺体と対面することになりました。

あまりの事に、卒倒しそうになりながら、
ようやく、奥様、ご両親、娘さんの4名を確認しました。

原因は、居眠り運転のトラック

警察から事情を聞いて、やっと、分かったことは、
居眠り運転のトラックと正面衝突をしたことで、
奥様や、ご両親は、ほぼ即死と言う事でした。

下の一歳の娘さんについても、
緊急手術で、ようやく、命を繋いでいる状態で、
危険な状態が続いていたのです。

男性は、謝罪に来た、トラックの運転手を、
感情のままに、殴打してしまいました。当然かも知れません。

しかし、奥様やご両親は、帰ってきません。
下の一歳の娘さんについても、長い闘病生活の末に、
天国へと旅立ってしまいました。

悲しみは、尽きません。涙も終わりがありませんが、
手続きとして、慰謝料、示談交渉へと、話は進みます。

5名の命の値段が、2億円だった

交通事故を起こすと、示談、慰謝料の交渉となります。
男性は、争う精神力を失っていましたので、
保険会社のいいなりで、話は、終わったのです。

男性には、今後の生活を考える余裕すらありません。
しかし、示談に至るには、詳細があります。それを教えて貰いました。

その示談金、慰謝料ですが、奥様が4000 万円。
娘さん 3000 万円。娘さん(次女)1億2000 万円。

奥様のお父様、2000 万円。男性のお父様、2000 万円。
男性のお母様 1500 万円。と言うことを教えて貰いました。

総額、なんと、約2億5千万円です。
途方もない金額ですが、血族・家族を亡くした喪失感は、
その金額で補うことは、できないのです。

あまりにも、大きな悲しみを聞き、
安らかに天国で眠っていただきたいと、考えることしか出来ませんでした。

ネットの反応

・交通事故の恐ろしさは、体験しないと分からない。
・大きな悲しみの前には、慰謝料なんか、関係なくなる
・その人の、人生を考えたら、慰謝料で過ごして貰わないといけない
・加害者のその後の人生も、真っ暗闇になるのだよ。

この交通事故を起こした加害者のトラック運転手は、交通刑務所で、
服役を余儀なくされています。
交通事故は、加害者・被害者の双方の人生を台無しにしてしまいます!

出典:2ちゃんねる , hitomoti.com

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ