「全員と仲良くならなくていい」「友達は無理に作らず、◯◯しなさい!」との、小学校先生の言葉に感動!

「全員と仲良くなる必要はない」「友達は無理に作ろうとせず、友達ができないなら◯◯しなさい!」小学校の先生の言葉に感動!

「全員と仲良くならなくていい」「友達は無理に作らず、◯◯しなさい!」との、小学校先生の言葉に感動!のイメージ

目次

  1. 1小学校時代の先生の言葉が、胸に突き刺さる!
  2. 2みんなと、つまり全員と仲良くする必要は無い
  3. 3共感するツイートが続出!
  4. 4ネットの反応

小学校時代の先生の言葉が、胸に突き刺さる!

「無理して全員と仲良くする必要はない」と、
小学校時代の先生の言葉が、大きな反響を呼んでいます。

TwitterユーザーのNikov(@NyoVh7fiap)さんが、
投稿し、大きな話題になっています。

無理せず、「自分の好きなことに没頭しなさい」との、
小学校時代の先生の言葉が、ずっと、頭に残っているというツイートです。

みんなと、つまり全員と仲良くする必要は無い

みんなと、仲良くしようと考えると、
どうしても、顔色をうかがってしまうからだと、言う事でしょう。

つまりは、相手に合わしていこうとして、
自分らしさを見失い、誤魔化してまで、友達を作らなくていいとの主旨です。

小さい頃は、自分自身というものが、強く分かっていないので、
どうしても、周囲に迎合してしまいます。相手が言ったことに合わさなければ。
その様に、自分の方から、自分の意志を曲げてまで、友人を持つ必要は無いんだよと。

まさしく言い得て妙です。
こういう事を、先生から言われると、生き方が楽になる子供もいるはずです。

共感するツイートが続出!

Nikov(@NyoVh7fiap)さんのツイートに、
共感し、返信のツイートが、沢山挙がっていました。

小学生の頃は、殆どの児童が、自分らしさを失っています。
それは、周囲から浮き上がりたくない、嫌われたくないと考えるからです。

小学校の頃には、ガキ大将のような児童が、
どの地域の学級にもいるでしょう。その強い意見に負けてしまうのが通例です。

長いものには巻かれろ的な、考え方は、
成人後に身につけても、遅くは無いのかも知れません。

ネットの反応

・こういう先生と小学生のころに、出会いたかった!
・そうなんだよな。小学生の頃は、強い意見に、従ってしまうんだ。
・無理して、嫌いな子供の言う通りにしなくてもいいんだ。
・嫌いな子供ほど、個性が強く、いじめっ子になり易い。それも気になるがね。

小学生の頃の先生に、教えて貰った言葉が、感動を呼んでいます。
そうです。無理して、嫌いな子供と仲良くしようとすると、心身が不調を来します。

出典:四葉のclover , Nikov(@NyoVh7fiap)さん

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ