救急車がゆっくり走っていても絶対邪魔をしないで!知ると納得するその理由とは!?

救急車がサイレンを鳴らしながらゆっくり走っていても、抜いたり前に入ったりの邪魔は絶対にしてはいけません!衝撃のその理由がこちら!!

救急車がゆっくり走っていても絶対邪魔をしないで!知ると納得するその理由とは!?のイメージ

目次

  1. 1救急車がゆっくり走る理由
  2. 2実際に家族がくも膜下出血になった経験を持つ人は・・・
  3. 3歩行者も救急車を優先させて!
  4. 4ネットの反応

救急車がゆっくり走る理由

警察のパトカーや救急車、消防車などの緊急自動車(緊急車両)は、緊急時にサイレンを鳴らし、赤色灯を点灯されて走行する場合には、道路交通法のいくつかの法令が適用除外されます。

緊急走行時の最高速度も、一般道路で時速80キロメートルまで許されています。

ところが、中にはサイレンを鳴らして赤色灯を点灯されているのに、ゆっくりと走っている救急車を見かけることがあるかもしれません。

急いで病院に搬送しなければいけないはずなのにどうして?

そう感じて、邪魔をしたり追い抜いたりはしないでください!それには理由があるんです!!

救急車には、細心の注意を払って走らなければいけない場合があるのです!!

実際に家族がくも膜下出血になった経験を持つ人は・・・

歩行者も救急車を優先させて!

道路交通法第40条により、軽車両を含む全ての車両は緊急自動車に道を譲る義務、交差点付近では一時停止する義務があります。邪魔をするなんてもってのほか!!

歩行者には義務が課されていませんが、できれば止まってくださいね!!

とにかく緊急車両は優先で!!

ネットの反応

・「この救急車やる気ないな」とか言ってた自分に腹が立った。
・自分が救急車のお世話になる日がいつ来るかわからんのにね
・救急車に譲らない人は教習所からやり直して欲しい
・鳴らしてるのに遅い救急車はそういうことだったのか。全力で尊敬する。

鳴らして急いで走っている救急車が当たり前
ゆっくり走っている救急車を見たら、危険な状態だと思って譲ってください!!

出典:Twitter, 四葉のclover

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ