【涙腺崩壊】中学生24人「集団いじめ」の実情に驚愕!娘のために、いじめに立ち向かった父親に感動!

中学生男女によるLINEいじめの実態!娘のために解決に立ち向かった父親の奮闘ぶりに感動!

【涙腺崩壊】中学生24人「集団いじめ」の実情に驚愕!娘のために、いじめに立ち向かった父親に感動!のイメージ

目次

  1. 1LINEいじめの実態とは?
  2. 2きっかけは、他校の生徒との揉め事
  3. 3中3の2月、事件は起こりました。
  4. 4父親は、証拠集めを実行した
  5. 5ネットの反応

LINEいじめの実態とは?

ここ数年、情報の伝達手段として、LINEが拡散しています。
中学生、高校生の間では主流になってきています。

中学生のLINEいじめに遭遇したお父様と娘さんの、
お話から、LINEいじめの実態に迫っていきたいと考えます。

佐伯学(仮名・46歳)さんと、佐伯理恵(仮名・36歳)さんの、
ご夫婦の間には、長女の茉奈さん(仮名・15歳)がいらっしゃいました。

ご夫妻の長女である、茉奈さんの卒業文集。
そのクラスの寄せ書きに、茉奈さんだけが載っていないことに気が付いたのです。

きっかけは、他校の生徒との揉め事

いじめに至までの、きっかけは、茉奈さんの中学校に、
他校の男子生徒が乗り込んできたことでした。

その男子生徒が、茉奈さんと知り合いだったことで、
茉奈さんが、仲裁に入り、揉め事を収めて、帰らせたことだったようです。

他校の男子生徒と話し合いで、解決したのに、
茉奈さんが、「他校の不良を呼び込んだ」と、
仲間はずれにされることになりました。

いわれの無い、言いがかりのようなものですが、
きっかけは、目立ったことがいけなかったのでしょう。

中3の2月、事件は起こりました。

茉奈さんが、中学3年生の2月に、事件が起こりました。
制服が土足で踏みつけられ、
机に油性ペンで「死ね。学校、来るな」との文字が書かれていました。

それに加えて、ノートの全ページにわたって、
「死ね、ブス、バカ」の落書きが殴り書きのようにありました。

帰宅しようとして、下駄箱に行けば、
靴の中には、泥がビッシリと詰められていたのです。

学校の先生に、言いましたが、解決には至りませんでした。
学校側では、解決の糸口を見つけることが叶わなかったのです。

父親は、証拠集めを実行した

ご両親は、茉奈さんに言いました。

ご両親

(イジメられた側)

「学校と闘うから。」

「これは許しちゃだめ!」

お母さまの理恵さんは、翌日、担任に連絡しました。
「卒業文集に、茉奈だけ載っていません。調査してください。」

幸いなことに、茉奈さんに協力的なお友達がいたのです。
そのお友達を通じて、LINEでどんな会話がされているか、
画像をキャプチャして、送ってもらいました。

分かったことは、茉奈さんのことを「13番」と名付けていたことです。

裏LINE

(いじめっ子たち)

《合唱コン、お疲れさまでした~。
打ち上げはめっちゃ最高でした。
それに打ち上げに、13番来なくてめちゃ最高だったー!》

LINEを通じて、茉奈さんを無視していたことが、
分かりました。学校側は、まったく解決の糸口を掴めませんでしたが、
この裏LINEのやり取りを、画像で先生たちに見せて、保護者会を要求したのです。

その結果、いじめていた子供たちが謝罪するに至りました。

茉奈さんは、ご両親の尽力に感謝し、
保護者会で、謝罪することで、LINEによるいじめが、
白日の下にさらけ出されたのでした。

茉奈さんは、ご両親に対して、心から、
「お父さん、お母さんありがとう」と、涙ながらに、感謝しました。

ネットの反応

・子供同士の間で、無視されるのが一番ツラい。
・目立ったことが、きっかけになったんだ
・一度、シカトされるようになると、ずっと続くから。
・痛い目を見て、大人の怖さが分かっただろう。

LINEで、無視をしていた同級生たちは、
大人相手だと、叶わない現実を知り、今後の人生を考えていくでしょう。

出典:週刊女性PRIME [シュージョプライム] , ウートピ

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ