ディズニーランドでは、迷子の園内放送がありません。その理由を知っていますか?

東京ディズニーリゾートでは、迷子の園内放送はありません。その理由は、どういう事なのでしょう?

ディズニーランドでは、迷子の園内放送がありません。その理由を知っていますか?のイメージ

目次

  1. 1東京ディズニーリゾートの話
  2. 2迷子が出たときの対応は?
  3. 3キャスト間、社員間の情報を、絶えず、共有!
  4. 4最終的には、「セキュリティーキャスト」に。
  5. 5ネットの反応

東京ディズニーリゾートの話

もう9月になってしまいましたが、8月は、夏休みシーズン。
子供さん達が、東京ディズニーリゾートへ沢山お出かけになった事でしょう。

その東京ディズニーリゾート、東京ディズニーランドの運営についてです。

子供さん達が、沢山訪れると、どうしても迷子が出てしまいます。
その迷子が出たときの東京ディズニーランドの対応がスゴいです。

迷子が出たときの対応は?

東京ディズニーランドでは、「迷子の園内放送」は、ありません。
なぜなら、夢の世界の雰囲気を壊すことになるからだとか。

徹底して、夢の世界を演出しているようです。
では、実際に迷子が出たときには、どういう対応をするのでしょう。

キャスト間、社員間の情報を、絶えず、共有!

キャスト間、社員間の無線で、情報が常に共有されています。
そのため、園内のどこで何が起きているのかを、
リアルタイムに把握しています。

迷子の情報は瞬時に伝達されてキャストや社員が情報を共有します。
その結果、園内放送をしなくても、すぐに迷子の引率者を見つけて、
引き渡すことができているのが、現状とされています。

最終的には、「セキュリティーキャスト」に。

迷子になった子供さんと一緒に探しても、
なかなか、保護者の方が見つからないときがあります。

なかなか、見つからないとき、一度、保護者捜索を中止します。

そして、必要な情報(氏名・年齢・特徴等)を、
連絡・登録します。

その必要情報は、パーク内を巡回している、
「セキュリティーキャスト」に伝達されるのです。

その後、速やかに迷子センターに連れていって、
迷子になった子供さんを迷子センターに引き継いでいきます。

この様に、東京ディズニーランドでは、
夢の世界の雰囲気を壊さない様に、なおかつ、
セキュリティ面の対策は、万全です。ご安心ください。

ネットの反応

・東京ディズニーランドは、夢の国だからね。
・迷子になる子供は、随分多いと思うよね。
・子供が不安にならない様に、スタッフも万全だよ
・もう一度行きたいと思わせるのが、東京ディズニーランドだ!

東京ディズニーランドでは、迷子の園内放送はありません。
それでも、万全の対策で、保護者を見つけることができています。
東京ディズニーランドは、夢の国の雰囲気を第一にしていました。

出典: 四葉のclover , エキサイトニュース

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ