【衝撃】41歳の若さでこの世を去った山本KID徳郁選手のがんの種類は・・・

がんの治療中を告白から23日でこの世を去った総合格闘技の山本KID徳郁選手。41歳の若さで命を奪ったがんの種類は・・・

【衝撃】41歳の若さでこの世を去った山本KID徳郁選手のがんの種類は・・・のイメージ

目次

  1. 141歳の若さで亡くなった格闘家・山本KID徳郁選手
  2. 2山本KID徳郁選手のがんは・・・
  3. 3肝臓がんではなかった
  4. 4ネットの反応

41歳の若さで亡くなった格闘家・山本KID徳郁選手

2018年9月18日、総合格闘技の山本KID徳郁選手の逝去が発表されました。41歳でした。

山本KID徳郁選手は2018年8月26日に、自身のInstagramで「がん治療中」を告白していました。

山本KID徳郁選手のがんは・・・

山本KID徳郁選手のがんは、胃がんであったことが公表されています。

格闘技イベント「RIZIN」の榊原信行実行委員長はインタービュー取材で

「最初に胃がんが見つかったのは、2年以上前のタイミングだったと思います」

と明かし、さらに

「ボクが聞いている範囲だと抗がん剤治療も何度かしましたし、その間、治療してくるよっていうことは周りに言わずに東京都内とかで治療を受けると目立ってしまうので地方に行って治療をしていた」

しかし2018年に入ると病状は悪化。グアムにある末期がん患者のための病院と自宅とを行き来する生活をしていたとか・・・

肝臓がんではなかった

全身に刺青を入れている山本KID徳郁選手。そのため、がん公表をした時には、刺青の影響での肝臓がんではないか、と噂されていました。

しかし実際にはスキルス胃がんで、発見時にはステージが進んでいて手術が難しい状態だったとみられています。

刺青・タトゥーを入れる際に感染症にかかる場合があり、B型・C型肝炎ウィルスに感染した場合は肝臓がんになるリスクがあります。

また、刺青を入れていると検査で使うMRIの強力な静磁場にタトゥーのインクが反応するため断られる場合があるとか。

そのため、検査から遠ざかってしまうとがんの発見が遅れやすいと言われています。

刺青にそんなリスクが・・・

ネットの反応

・グアム渡航はやはり終末ケアだったか
・オーガニックとかいいものばかり食ってたんじゃなかったっけ?
・これは刺青入れてる奴らガクブルだろうな
・がんは若い人ほど進行早いって言うし、発見遅れたらどうしようもない

山本KID徳郁選手の刺青と今回のがんに関連があるかどうかはわかりませんが
刺青にはリスクもあるという事実は知っておくべきですね!

出典:スポーツ報知, タトゥー・刺青除去ガイド

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ